ドコモ・au・ソフトバンクの周波数帯・対応バンドまとめ

Band sim free 1751

SIMフリー端末や格安SIM(MVNO)を選ぶ際に、周波数帯対応バンドは重要です。多くの格安SIM(MVNO)はドコモ回線を使用しているものが多いので、それらを使用する際はドコモの周波数帯を気にかけながらSIMフリー端末を選ぶと良いでしょう。逆にau系の格安SIM(MVNO)はmineoかUQ mobileとなります。

例えば、SIMフリー版iPhone SEはバンド1、3、8、11、19、18/26、28、41に対応していますので、表を参考にして頂くと、ドコモ系とau系の格安SIM(MVNO)で問題なく使えることが分かります。ソフトバンク系の格安SIM(MVNO)はありませんが、表には加えてあります。

ドコモ・au・ソフトバンクの周波数帯・対応バンドの一覧

バンド 周波数帯 ドコモ au ソフトバンク UQ
band1 2.0GHz LTE/3G LTE LTE/3G
band3 1.7GHz LTE
band6 800MHz 3G
band8 900MHz LTE/3G
band11 1.5GHz LTE 3G
band18/26 800MHz LTE
band19 800MHz LTE/3G
band21 1.5GHz LTE
band28 700MHz LTE LTE
band41 800MHz TD-LTE

800MHz/900MHzが、俗にいう繋がりやすい「プラチナバンド」と呼ばれる周波数帯です。ドコモならバンド19、auならバンド18/26、ソフトバンクならバンド8となります。700MHzのバンド28は、2015年以降に整備予定の「プラチナバンド」です。

主なSIMフリー端末の対応周波数帯・対応バンド

バンド 周波数帯 iPhone SE iPhone 6/6s Zenfone Go Nexus 5X HUAWEI GR5
band1 2.0GHz
band3 1.7GHz
band6 800MHz
band8 900MHz
band11 1.5GHz
band18/26 800MHz
band19 800MHz
band21 1.5GHz
band28 700MHz
band41 800MHz

どの端末も各キャリアのプラチナバンドには、ほぼ対応しています。ドコモ系の格安SIM(MVNO)であれば、どの端末も対応しています。

主なドコモ系格安SIM(MVNO)の一覧

IIJmio

個人的にも使用していますが、SIMカードを最大10枚まで持つことができるファミリーシェアプランが特徴です(標準で3枚)。データ通信量の繰り越しや、アプリによる速度の切り替えなども便利です。⇒IIJmioの価格を調べる
ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数