スポンサードリンク

「ScanSnap」無償提供による業務改善のアンケート結果を発表→経費削減・検索性の向上で業務効率化

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

B07HHZJKS3

PFUが、テレワーク業務を円滑に推進できるよう「ScanSnap」100台を20社へモニターとして無償提供を実施したモニター参加者へのアンケート結果を発表しました。その結果、90%を超える満足度になったそうです。

スポンサードリンク

「ScanSnap」導入後のテレワーク環境の変化について、プロジェクトに参加した製造業・教育・医療など各分野の16社・110名のアンケートによると、紙書類をデータ化することで95%のユーザーがテレワーク業務の生産性が向上していると回答したそうです。

今回の調査で明らかになった主な結果は以下の通りです。

・テレワーク業務の生産性が向上した:95%

・テレワークができる回数が増えた:79%

・テレワーク下でもチーム内のコミュニケーションが円滑になった:96%

資料をデータ化することで、情報共有のスピード向上と場所にとらわれず業務を推進できるようになるほか、検索性が向上したということです。

セキュリティ面から持ち出しできなかった書類もデータ化することで、自宅での業務が可能になったそうです。

社内、パートナー企業とも書類をデータ化しクラウドに置くことで、簡単に情報共有ができるようになったとしています。

複数回答式の紙のデータ化メリットは「紙の郵送費/管理費が削減できた」「資料の検索性があがり、情報確認の時短になった」「紙にとらわれず、仕事する場所を選べるようになった」となっています。

経費削減にメリットというのもあるのですね。

詳しいアンケート結果は、紙書類のデータ化で、95%のユーザーが、テレワーク業務の生産性が向上!からご確認ください。

※ScanSnapプレミアムアンバサダーを務めています。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【Kindleセール】コーヒーの科学、統計でウソをつく法、ランニングする前に読む本など「夏☆電書2020 ブルーバックス ベストヒット200フェア」開催中(7/30まで)

次へ

【動画】元祖携帯型サンドイッチ「スナックサンド」36年ぶりのテレビCMで森七菜を起用