スポンサードリンク

【サイゼリヤ】50円単位の価格設定に変更したことで会計にかかる時間と個別会計が減ってなおかつ客単価も上がる

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

【サイゼリヤ】50円単位の価格設定に変更したことで会計にかかる時間と個別会計が減ってなおかつ客単価も上がる

「サイゼリヤ」硬貨削減のためグランドメニュー改定で端数がない価格設定に(例:399→400円)一部で値下げも(例:169→150円)(7/1〜)という記事を書きました。

小銭を減らして、コインとの接触機会を減らすという目的で導入されたのですが、その後「サイゼリヤ」でも想定していなかったような効果が出ているそうです。

スポンサードリンク

サイゼリヤ、社長も驚く「1円値上げ」の成果という記事になっていました。堀埜一成社長のインタビューです。

最大の意図は、コインの受け渡しを削減することにあった。コロナ禍によって、顧客も従業員もコインのやり取りをなるべく避けたい。すべての商品の価格を50円単位にすることでコインの受け渡しを6~8割減らせると想定し、実際にその通りになった。

このあたりの“科学”しているところが、本当に「サイゼリヤ」の面白いところだと思います。

さらに、こんな効果も出ているのだとか。

・会計にかかる総時間も30%減少

・個別会計は25%減少

・客単価が上がった

ぴったりの金額になるため、釣り銭を渡す時間が削減できたそうです。さらにぴったりの金額のため、テーブルでまとめるのが容易になったため個別会計も減った、と。

さらに面白いのが客単価が上がったということなのですが、これはTwitterでも話題になった「サイゼリヤ」で1,000円ちょうどになる会計を目指す「1000円ガチャ」の影響もあるようで、1,000円ジャストを目指す人が増えたそうです。

端数があると1,000円ジャストは計算しにくいですが、50円単位なら計算もしやすいですもんね。直感的に「いくら使っている」というのが分かっていると「もう少し使おうか」となりやすいのかもしれませんね。

値下げしたことで客単価が下がるかと思いきや、逆に上がったというのは興味深い話です。

興味深いインタビューなので、ぜひサイゼリヤ、社長も驚く「1円値上げ」の成果もご覧ください。

2020年8月から順次導入と言われていたキャッシュレス決済も、そろそろ導入が進行しているところでしょうか? さらに硬貨の利用が減りますね。

その他の「サイゼリヤ」関連&カスタマイズして作る"裏メニュー"は「サイゼ研」でもまとめています。

関連記事

サイゼリヤ赤坂駅前店の店長直伝!オリーブオイルを駆使するおすすめの食べ方

サイゼリヤ赤坂駅前店の元店長直伝!ラム串を食べて残ったスパイスを活用するおすすめの食べ方

「野菜ソースのグリルソーセージ」より美味しく食べる方法

「エスカルゴ」パスタとポテトとハンバーグと。この万能感を君に。

「真イカのパプリカソース」もっと美味しく食べる方法

トッピング半熟卵&ペコリーノチーズ&唐辛子フレークでハンバーグ

辛味チキンバラシでチキンなペペロンチーノ

定番の「柔らか青豆の温サラダ」に「削りたてペコリーノチーズ」をかけて食べてみる

ペペロンチーノとハンバーグでペペロンバーグだ!

「野菜ソース」は必ず追加オーダーするべし

ペペロンチーノに代わり「アーリオ・オーリオ」レギュラーメニューに

イタリア北部フリウリ地方の郷土料理「フリウリ風フリコ」がメニューに登場

新登場のラム肉串が羊強くて良いぜ!

冷たくてサクサクする199円のデザート「メリンガータ」が美味しい

「パルマ風スパゲッティ」「やみつきアンチョビのフリコ」食べてみた → 確かにやみつきになる!

猛スピードで皿を下げられても気にしなくていいという話

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Appleマップのストリートビュー機能「Look Around」日本でも利用可能に

次へ

Phil Schiller、Apple Fellowに昇格