【DAZN】Jリーグ中継の裏側ってどうなってるの?16台のカメラを駆使する「サンデー・Jプライム」に潜入

Dazn report 4170tittle 1

2017シーズンからJリーグのサッカー中継は「スカパー!」から「DAZN(ダゾーン)」にバトンタッチしました。DAZNは10年間、2,100億円という巨額の契約金でJリーグの放映権を獲得したイギリスのPerformグループによるスポーツ配信サービスです。

DAZNによるJリーグの中継は通常は9台のカメラで行われていますが、日曜開催の試合は特に「サンデー・Jプライム」として16台のカメラによる贅沢な中継が行われているのをご存知でしょうか。2017年6月18日に埼玉スタジアムで行われた浦和レッズ v.s. ジュビロ磐田戦が対象試合となり、メディア向けのツアーが実施されたので参加してきました。

JリーグとDAZN、サッカー中継へのこだわり

今回、メディア向けに解説を行ったのはDAZNコンテンツ制作本部長の水野重理氏と、Jリーグデジタルの武笠一樹氏です。ピッチ上で実際のカメラの位置を確認しながら、中継へのこだわりなども語られました。

Dazn report 3515

個人的な発見は、スカパー!時代は制作著作はスカパー!で、DAZNに変わった今はJリーグが制作著作をしているということです。Jリーグ中継の全戦をJリーグが映像制作しDAZNに提供。DAZNはそれを配信するという立ち位置になります。

DAZNはヨーロッパでの配信の実績があるので、その情報をフィードバックしながらより良いJリーグ中継を目指しているのを感じました。

カメラが通常の9台から16台になることで、スーパースロー撮影が可能なカメラを増やしたり、ゴールネットカメラやステディカムなどの特殊カメラが導入されたり、通常とは違う映像を届けることが可能になっています。

Dazn report 3537

赤いカメラが「サンデー・Jプライム」に追加されるカメラです。

「サンデー・Jプライム」は今シーズンからはじまったもので、まだ知名度はそこまで高くはないそうです。しかし、実際に映像を見た75%からは「豪華だ」という評価が得られているということです。

特に9台と16台で何が違ってくるかというと、リプレイです。1つのボールを16台のカメラで追っているので、アップであったり引きの絵であったり、または縦からであったりスーパースローであったりと、特に得点シーンでその豪華さに気づくことになります。なかなか出番のないカメラが何台かあるのも、ある意味では贅沢な話です。

J3のカメラは4台で、中央のカメラの映像がベースになり、シーンによって他の3台のカメラが活用されることになりますが、少し想像しただけでも、16台のカメラのリプレイがいかに豪華が想像できるのではないでしょうか。J3だとピッチレベルのカメラがありませんので、臨場感も大きく違います。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数