「Airbnb」泊まりたい人と部屋が余っているを結びつけるC2Cサービスのイベントに参加して概要や歴史、メリット、課題などについて聞いてきた!

Airbnb 02

ニュース系ブロガー支援プログラム「iWire」で、最近、日本でも話題になりつつある「Airbnb」のイベントがあったので参加してきました。「Airbnb」というのは、自宅の空き部屋とそこに宿泊したい人とを結びつけるC2Cサービスです。

「Airbnb」イベントレポート

Airbnb 03

「Airbnb」田辺氏より、概要の説明が行われました。「Airbnb」は、基本的にはローカルのカルチャーを知りたいという人の利用が多いそうです。紛れ込んで暮らすことで、違う視点が得られるという理由です。

「Airbnb」の問い合わせ機能は人気機能の一つで、気候はどう? ジャケットは? こういうイベントに参加するんだけどクルマは? など、行ったことがないのに現地に知り合いができたような体験ができるのが特徴となっているそうです。

どんな人が部屋を貸し出しているのか、どんな人が借りるのか、双方に心配な点があると思いますが、宿泊した人だけが残せるレーティングがあるそうです。貸し手も、初めて「Airbnb」を利用する人には貸さない、という場合もあるそうです。

個人的には鍵の引き渡しが気になっていたのですが、手渡しの場合もあれば、暗証番号でガレージを開けるとそこに鍵が封筒に入れておいてある、といった色々なパターンがあるそうです。

Airbnb 06

部屋に入るとお手製のガイドブックが置いてあったり、自分の家に帰ってきたような感覚で、現地の人からの情報も得られる、そういうことを楽しみで使っている人もいるということです。

「Airbnb」の歴史

Airbnb 07

イベントでは「Airbnb」の成り立ちについても説明がありました。元々は5年前にスタートしたビジネスで、サンフランシスコで家賃が上がったことに困った創業者たちが、エキシビションでホテルからあぶれてしまった人たちに自分たちの部屋を貸したらいいよね、ということで簡単なウェブサイトを作って告知したところ、すぐに宿泊者が現れたということに由来しているそうです。

この時に、部屋にエアーベッドを置いて泊めてあげたことが「Airbnb」の「Air」として残っています。「bnb」は「bed and breakfast」ですが、その時はドーナツを出したそうです。宿泊した方もさせて方も、普段は聞けない話が楽しく「これは絶対に他の人もやりたいのでは!?」ということで「Airbnb」を開始したそうです。

Airbnb 08

去年まではマーケティングせずクチコミだけで、600,000物件、35,000都市、190カ国という人気のサービスになっています。これまでに1,500万人が利用、最近は月に100万人が利用するサービスに成長しているそうです。

Airbnb 10

城やメキシコのビラ、ツリーハウス、船など、普段は宿泊できないところに泊まれる、というのも「Airbnb」の魅力の一つでしょう。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数