炭酸を生む「綾」の爽快さに感激、夏に日本酒ハイボール的なものはありだと思う![豊島屋酒造見学]

toshimaya_2836.JPG

この度、縁がありましてウジトモコさんよりご紹介頂いて、東村山にある豊島屋酒造を見学させて頂きました。

もともとウジさんがお仕事されており「酒好きには面白いと思うので機会があればぜひ!」とお誘い頂いていたのですね。

toshimaya_2873.JPG

豊島屋酒造の田中副社長にご案内頂き、いろいろ見学させて頂きました。

toshimaya_2864.JPG

もともと豊島屋は江戸時代の居酒屋に起源があるそうです。格安で酒とつまみを売っていたことから人気の店だったそう。

格安の居酒屋が、ではどこで利益を上げていたのか? なんと、空の樽を売って利益を得ていたという驚きの話もありました。

toshimaya_2868.JPG

個人的にグッときたのは、このラベラーというマシンです。もちろん、ラベルを貼る機機械です。

toshimaya_2879.JPG

一台でいろいろな瓶のサイズに対応することができる優れものです。なんとイタリア製。

かつて、日本酒の瓶には裏貼りがなかったのだとか。「首に能書きをぶら下げていた」と田中副社長。

ワインに裏貼りがあったり、だんだん能書きをたくさん書く必要がでてきたため、裏にラベルを貼るようになったという経緯があったそうです。

そしてこの田中副社長、実に話し好きでして、べらんめぇ口調で実にいろいろなことを教えて下さいます。蔵の見学も楽しかったのですが、この田中副社長の話が実に面白かった!

その一つが、アルコール添加の話。

純粋に米だけで作った純米酒が美味しそうに思うのに、なぜ醸造アルコールを添加するのか、という疑問に答えて下さいました。

・純米大吟醸だと味が多い、重いといわれる

・アミノ酸が多くなると酒に幅があると言われる

・しかし後味が重い、汚いと言われる(雑味になってしまう)

実はこれ、日本酒酒の品評会の意見なのですね。

・純米大吟醸はふっくら美人

・大吟醸は痩せ型美人

・どうしても痩せ型美人を選ぶ

ふっくら美人、痩せ型美人という分かりやすい表現があったのですが、品評会では痩せ型美人が選ばれる傾向があり、そのためのアルコール添加ということです。

最近では「山田錦の部、それ以外の部で分かれている」「吟醸香が高い子(化粧がごてごて)の後に普通の子(ほとんどすっぴん)がいるとどうしても分が悪い」といったことも教えて頂きました。

工場見学はこうして、技術者の方の話を聞くというのがとても楽しいのですが、もう一つお楽しみが!

そう、酒蔵なら試飲ですよ!

toshimaya_2853.JPG

頂いたのは「綾」という新製品です。

toshimaya_2854.JPG

実はこれ、微発泡純米酒なのです。簡単にいってしまえば、シュワッとする日本酒なのですね。

瓶詰めした後にも酵母が生き続け醗酵することから、シュワシュワする訳です。「真夏に炭酸感のある日本酒を」というコンセプトから、開発されたものだそうです。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数