「Pokémon Go Safari Zone in 鳥取砂丘」参加者数は約89,000人、経済効果は約18億円

2017 11 30 1150

2017年11月24〜26日に開催された「Pokémon Go Safari Zone in 鳥取砂丘」の参加者数および経済効果が発表されました。それによると3日間の参加者数は約89,000人、経済効果は約18億円となっています。

詳細は以下の通りです。

1. 鳥取砂丘での参加者数(※県東部地域(鳥取砂丘以外)での参加者を除く)

約89,000人

(内訳)
24日 約21,000人
25日 約37,000人
26日 約31,000人

2. 経済効果

約18億円

(内訳)
・観光消費額(推計)約13億円
※算出に当たっては、県観光客入込動態調査における平均消費額に鳥取砂丘での参加者数を乗じて試算したもの

・PR効果(広告換算額)約5億円
※広告換算額は11月28日時点のもの

3日間ですから、とんでもない数字ですね。ココにうじゃうじゃと人がいたのだと思うと‥‥「ポケモンGO」効果、恐るべしです。

ABOUT US

コグレマサト
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数