スポンサードリンク

「PayPay」2020年4月の登録者数は2,800万人・加盟店数は220万ヶ所を突破

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「PayPay」2020年4月の登録者数は2,800万人・加盟店数は220万ヶ所を突破

スマホ決済「PayPay」が「PayPay」のこれまでの成長と今後の取り組みについてという発表を行ったのですが、それによると2020年4月22日で登録者数は2,800万人を超え、加盟店数は220万ヶ所を突破したそうです。

スポンサードリンク

「PayPay」登録者数は2,800万人を突破

2018年10月のサービス開始以来、順調に成長を続けているとして、次のように発表しています。

・2020年4月22日に登録者数が2,800万人を突破

・加盟店数は220万カ所を突破

毎月の決済回数は、食料品や日用品やテイクアウトでの利用を中心に、2019年12月以降、1億回/月を超えて推移しているということです。

今後の「PayPay」は、パートナー企業が提供するサービスの予約や商品の注文、支払いなどがPayPayアプリ内で利用できる「ミニアプリ」機能の提供を開始するなどして「スーパーアプリ」を目指すとしています。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

個人的にはKyashと楽天ペイで

ポイント還元が多い時期は「PayPay」を使っていたのですが、それが落ち着きそうな今後に関しては、メインをKyashに、サブで 楽天ペイを使っていこうかな‥‥と思っています。

ただ「PayPay」のスーパーアプリとしての利便性がさらに高まれば、またメインのスマホ決済として利用することもあるかもしれません。

そのあたりのことは↓としてまとめました。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

「スタミナ超特盛丼」牛・豚・鶏の肉3種盛で1,700kcalオーバー!吉野家史上最大ボリュームは覚悟して食べよう!

次へ

【松屋】テイクアウト限定で「オリジナルカレー」復活中(5/12まで)