【PayPay】運転免許証のICチップを利用した本人確認が可能に 〜キャッシュレス業界初

20220420 01 img 01 result

PayPayがキャッシュレス決済事業者としては初めて、運転免許証のICチップを利用した本人確認の手続きを2022年4月20日から開始すると発表しました。

まずはAndroid版から先行して提供され、iOS版でも近日中に開始予定としています。

現在発行されている運転免許証には、氏名、住所、顔写真などの個人情報が入力されたICチップが搭載されているため、運転免許証の写真撮影を利用した本人確認の手続きと比較し、本人確認書類の偽造や他人によるなりすまし申請、データの改ざんといった不正を防止し、スムーズに本人確認を行うことが可能だそう。

PayPayでは、銀行口座への出金やPayPayユーザー間での送金、受け取りが可能なPayPay残高であるPayPayマネーを利用する際に本人確認を実施しています。

今回、新たに運転免許証のICチップを利用した本人確認が導入されることで、運転免許証を利用した本人確認手続きの際は「運転免許証のICチップの読み取り」と「セルフィー撮影」で手続きが完了するようになりました。

従来の運転免許証を利用した本人確認の手続きと比べると「個人情報の入力や本人確認書類の撮影が不要になる」や「審査時間が短縮される」といったメリットがあります。

運転免許証のICチップを利用した本人確認手続きでは「最短当日」に審査が完了します。運転免許証や運転経歴証明書の写真撮影を利用した本人確認手続きでは「3日から1週間程度」の審査日数がかかることがあります。

PayPay-ペイペイ(電子マネーでスマートにお支払い)

PayPay-ペイペイ(電子マネーでスマートにお支払い)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

プレスリリース

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数