「ホットサンドメーカー」ラム肉とピリ辛クミン塩”羊名人”を挟む

「ホットサンドメーカー」ラム肉とピリ辛クミン塩

インドアなんだけど「ホットサンドメーカー」とカセットコンロで料理をしているとアウトドアごはんな気分!

今回はカルディコーヒーで見つけたスパイス「羊名人(ようめいじん)」を使ってラム肉(羊肉)を挟んでみました! 天気が良かったので、今回は本当のアウトドアです。

「羊名人」とは何か?

「魅惑のピリ辛クミン塩」と書かれた真っ赤なパッケージ。これが「羊名人」です。「これであなたも羊料理名人」とも書かれています。

その名の通りの唐辛子入りのクミン塩で、原材料には唐辛子、ごま、砂糖、岩塩、クミン、花椒、五香粉、ガーリック、胡椒、ジンジャーが入ってまして、これを読んだだけでよだれが出てきてしまう感じ。

羊肉料理を推進するコミュニティである羊齧協会も推薦しているこの「羊名人」クミンと塩と唐辛子で全てが美味くなる! のです。納豆に入れても旨いらしいです。万能すぎる粉。

唐辛子にクミン塩というと、羊肉料理を食べにいくと大量に出てくるアレですよね。そのうち羊肉を食べているのか真っ赤な粉を食べているのかわからなくなってくるアレ。たっぷりつけて旨いアレ。

ぶっちゃけ、あのクミンの赤い粉は無敵なので自宅に欲しいと思っていたのですが、まさか市販されるようになるとは! みんなカルディコーヒーに行って「羊名人」を買いましょう。

魅惑のピリ辛クミン塩「羊名人(ようメ~じん)」が誕生から5年を経て一般発売開始!によると、ヤオコーや北野エースでも購入できるみたいです。

ラム肉と羊名人を挟んでみる

「ホットサンドメーカー」ラム肉とピリ辛クミン塩

今回はスーパーで購入した200gで400円くらいのラム肉をホットサンドメーカーで挟んでみます。

「ホットサンドメーカー」ラム肉とピリ辛クミン塩

なんとなく「羊名人」をパラパラしておきます。どのくらいの量が正解か分からないので、とりあえずパラパラ。

「ホットサンドメーカー」ラム肉とピリ辛クミン塩

ホットサンドメーカーに「羊名人」を軽くからめた羊肉を並べていきます。

「ホットサンドメーカー」ラム肉とピリ辛クミン塩

ホットサンドメーカーで挟んでバーナーに着火して両面を焼いていくのですが、外だと明るくて炎の具合が見えにくいのですね。できるだけ弱火で焼いているつもりでした。

「ホットサンドメーカー」ラム肉とピリ辛クミン塩

あまり「羊名人」がふられていないほう。

「ホットサンドメーカー」ラム肉とピリ辛クミン塩

「羊名人」が多めのほう。これは完全に「羊名人」多めが推奨ですね!

「ホットサンドメーカー」ラム肉とピリ辛クミン塩

というところで、10分とかからず完成!

ラム肉のほどよい臭みもありつつ、それと合わさる唐辛子クミン塩の旨さよ‥‥これは本当に最高過ぎます。この味がいつでも食べられるなんてハッピーです。

ただし、ちょっと物足りない!?

「ホットサンドメーカー」ラム肉とピリ辛クミン塩

好きな人はこのくらいやっちゃってもOKですよ!

「羊名人」は絶対に他の肉にも、他の料理にも合うはず。どんどん「羊名人」を消費していきましょう〜。メエエエ〜。フライドポテトとか美味そうだメエエエ〜。

ごちそうさま!!!!!

使用した道具

ABOUT US

コグレマサト
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数