自宅鍋やキャンプで便利なカセットガスボンベ(CB缶)を使う際に気をつけるべきこと【なぜ切り込みがあるのか?】

自宅鍋やキャンプで便利なカセットガスボンベ(CB缶)を使う際に気をつけるべきこと【なぜ切り込みがあるのか?】

コンビニや百均でも入手でき、手軽にカセットコンロなどで使えるカセットガスボンベ(CB缶)を便利に自宅やアウトドア、キャンプで使っている人も多いと思います。

CB缶をカセットコンロにセットする際には、必ず切り込み凹をカセットコンロ側の凸と合わせる必要があるのですが、あれには気をつけるべき理由があることを知りました。

CB缶の注意書きを見てみよう

まず、CB缶の切り込みについて確認しておきましょう。

自宅鍋やキャンプで便利なカセットガスボンベ(CB缶)を使う際に気をつけるべきこと【なぜ切り込みがあるのか?】

切り込みの場所はここになります。

すぐ横に「警告」として次のように書かれています。

自宅鍋やキャンプで便利なカセットガスボンベ(CB缶)を使う際に気をつけるべきこと【なぜ切り込みがあるのか?】

「この切込み凹部をこんろ等の容器受けガイド凸部に合わせてセットして下さい」と書かれています。

子どもの頃から当たり前のように使ってきたので、ただ単に凹凸だとずれにくいとか、そういう理由で切り込みが入っている‥‥のだと思っていたのですが、その理由は違うところにありました。

CB缶に切り込みがある理由

その理由を知ったのがこのツイートです。

CB缶の構造を知ると、その理由がよく分かります。

切り込みとCB缶内部のガスが通って出てくるL字型の管の向きが連動しており、カセットコンロで横に倒して使用するような際に、液体ガスがダイレクトに出てこないようになっています。

液体ガスがダイレクトに出てくると火力が強くなりすぎてしまい、家庭での利用に向かないようです。知らずに使って火柱が出たら恐怖ですよね。そのため、横に倒した際に気化ガスが出てくるように、L字型の管があり、それを間違いなく使うための切り込みということでした。

CB缶に切り込みのある理由がよく分かりました!

ABOUT US

コグレマサト
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数