スポンサードリンク

ジャパンネット銀行がPayPay銀行に!Zホールディングスの金融サービスのブランドがPayPay○○に統一へ

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

ジャパンネット銀行がPayPay銀行に!Zホールディングスの金融サービスのブランドがPayPay○○に統一へ

Zホールディングス株式会社、Zフィナンシャル株式会社、ソフトバンク株式会社の3社が、2020年秋以降に順次、各社傘下の金融事業会社6社の社名およびサービス名を「PayPay」ブランドに統一することを発表しています。

「ジャパンネット銀行」が「PayPay銀行」になるなど「PayPay○○」に統一されていくことになります。

スポンサードリンク

背景にはスマホ決済サービス「PayPay」の累計ユーザー数が3,000万人(2020年6月時点)を突破するなど、知名度が上がっていることがあるのでしょうね。

恐らく「ジャパンネット銀行」というよりは「PayPay銀行」のほうが、すぐに通りが良くなることでしょう。「Yahoo! JAPANカード」も「PayPayカード」になります。

ジャパンネット銀行がPayPay銀行に!Zホールディングスの金融サービスのブランドがPayPay○○に統一へ

「わかりやすい名称とすることでユーザーに親しみをもってサービスをご利用いただきたい」という思いもあるとしています。

いずれ「Yahoo!」も「PayPay」になるのかな‥‥と思うのは、こういう理由もあったりします。

「PayPay」がスーパーアプリ化すれば、ポータルサイト代わりとして名前が変わるかもしれませんね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

動画をアップロードするだけでアマプラやネトフリのような動画サブスクサービスが立ち上げられる「MOOBER」

次へ

上尾娘娘のスタカレーが「ピリ辛肉あんかけ飯の素」として自宅で楽しめるS&Bの町中華シリーズに登場!