スポンサードリンク

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」リリースから2日で約241万ダウンロード

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」リリースから2日で約241万ダウンロード

厚生労働省がリリースした「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」が、2020年6月19日のリリースから2日で約241万ダウンロードされたそうです。

スポンサードリンク

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」はiPhone版とAndroid版があり、ダウンロード数はそれを合算した数字となっています。

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」はBluetoothを利用し、接近した人との履歴を記録。後から陽性を登録した人がいると、接触した人にそれが通知されるというアプリです。

利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。

もちろん個人情報は分からない仕組みになっており、あくまでも陽性の人と接近したかどうか、が通知されるアプリです。

そういうアプリですから、できるだけ多くの人がインストールすることで感染拡大を防止することに繋がります。

「COCOA」というのは「COVID-19 Contact-Confirming Application」の略だったのですね。

新型コロナウイルス接触確認アプリ

新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application|厚生労働省

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

アニメ「GREAT PRETENDER」が超面白かったから映画「コンフィデンスマンJP」も観てみようと思っている!

次へ

最初のARM搭載MacはMacBook Pro 13インチとiMacか?