スポンサードリンク

ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」でPayPayオンライン決済の利用が可能に

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」でPayPayオンライン決済の利用が可能に

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」および「futureshop omni-channel」で「PayPayオンライン決済」の利用が可能になることが発表されました。

スポンサードリンク

通常営業できなくなった飲食店などがECサイトに活路を求めるため、STORESやBASEでオンラインストアを開設する動きはよく目にします。

さらに大きく本格的なECサイト運営となった場合に「futureshop」のようなサービスが必要となってくると理解しているのですが、やはり一歩先んじたサービスを提供していきますね。

2020年8月より、決済サービスの1つとして「PayPayオンライン決済」の利用が可能になるということです(申込受付開始は2020年6月1日より)。

ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」でPayPayオンライン決済の利用が可能に

利用方法としては、商品購入時に決済方法として「PayPayオンライン決済」を選ぶと、アプリに飛んで決済ができるというものです。

スマートフォンで何かを購入するという人は多いと思うのですが、そうなると出先で「あ、これいい!」なんていうものに出会うこともしばしばあると思います。

そういうときに初めてのECサイトだとクレジットカード情報を入力することになったりすると思うのですが、どうも外でクレジットカードを出したりするのは抵抗があります。

と、そんなときに「PayPayオンライン決済」が利用できれば、より手軽にショッピングができてしまう‥‥というわけですね。

2ヶ月ほど飲食店デリバリーのお手伝いをしていたのですが、決済方法としてPayPayも使えるのですが、けっこう利用者が多いんですよ! IT系のお客さんが多いということもあったのでしょうが、けっこう驚きでした。

現金、クレジットカード、PayPayという感じで、1つの決済手段として定着が進んでいる印象も受けました。ECサイトも対応できるならしておいた方が良いですね。

なお「PayPayオンライン決済」の導入は「SBPSオプション」に申し込むことで利用可能となるそうです(d払いも使えるようになる)。

ずっと月額料金が0円にるキャンペーンが2020年6月30日まで実施されているので、それまでに申し込みをしておくと、ずっと決済手数料のみで利用することができます。

問い合わせたところ、詳細な決済手数料などに関してはセミナーで解説があるそうです。興味のある人はオンラインセミナーをぜひどうぞ!

5月28日オンライン開催!2大QRコード決済がオンラインにやって来た! 「PayPay」と「d払い」は、Eコマースに何をもたらすか?その実力を知る。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【iClever】60時間連続使用・マルチペアリング・初期設定不要・Bluetooth5.1対応の折りたたみキーボード「IC-BK06Mate」Amazonで500円オフの2,899円

次へ

【Kindleセール】荒木飛呂彦の漫画術・悪の脳科学・秋本治の仕事術など約550冊が50%ポイント還元「Kindle本ポイントキャンペーン 集英社」開催中