Pinterestがダイエットに関する広告を全面禁止に

Pinterest diet ad stop

Pinterestがダイエットに関する広告を全面禁止にしたとして話題になっています。Pinterest、減量に関する広告を全面禁止–他のSNSにも呼び掛けという記事になっています。

減量に関する文言や画像、利用者の言葉、着用または肌への塗布による減量効果を主張する製品を掲載した広告を禁止する。BMIや、特定の体形を理想化したり中傷したりする画像や文言が入った広告も投稿できなくなる。

ダイエットもその一つですが、SNSにはコンプレックスを煽るような広告で溢れかえっています。もし体型や見た目を煽るような広告がなくなったとしたら、美意識も変化していくかもしれません。

Googleアドワーズなどのリスティング広告が登場した頃に、自分でも運用をしていたので様々なキーワードの入札単価をウォッチしていたのですが、ダイエットなどの美容やコンプレックスに関する商材というのは、とにかく単価が高かったのですね。

1クリック数百円とか中には1,000円を超えていくものもありましたが、それでも広告から誘導することができれば利益が出る世界なのです。だから、今でも儲かるからそういう広告が後をたたないわけですが。

もともとPinterestでは「やせ薬、減量のビフォー・アフター画像、減量法、他人の体形をけなす行為、非現実的な美容効果を禁止」していたそうで、さらに今回でダイエットに関する広告が全面禁止となります。

アドネットワーク経由で目を背けたくなるような広告が表示される場合がありますが、今回の決定は他のSNSやアドネットワークにも影響を及ぼすでしょうか。

Pinterestでは「理想的な体型などといったものは存在しないと示すことを推奨する」としているそうですが、まさにそういうことだと思います。

関連記事

Pinterestが広告ポリシーを改訂、減量を促す言葉や画像は掲載禁止に | TechCrunch Japan

ソーシャルメディアは、それが誕生して以来ずっと、人にとって有害な「美の基準」を助長する役割を担ってきた。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数