スポンサードリンク

「としまえん」段階的に閉園し“ハリポタ”テーマパークが2023年にオープンか?

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「としまえん」段階的に閉園し“ハリポタ”テーマパークが2023年にオープンか?

としまえん」が閉園して公園になる‥‥というのは2011年から言われていたのですが、いよいよ具体化してくるようです。しかも閉園後は“ハリポタ”テーマパークがオープンするって!? 防災公園になるんじゃなかったの!?

スポンサードリンク

「としまえん」の閉園

としまえん 閉園検討 跡地に“ハリポタ”テーマパークの交渉もという記事になっていました。

跡地の大半は東京都が買収して、災害時の避難場所にもなる大規模な公園を整備するほか、残りの土地には、アメリカの企業グループの「ワーナー・ブラザース」が、小説や映画が世界的に人気の「ハリー・ポッター」のテーマパークを建設する交渉が関係者の間で進められています。

2011年に東京都「としまえん」買収を検討 → 決まれば閉園という記事を書いていたのですが、やはりメインは防災公園になるとして、残りの土地に「ハリー・ポッター」のテーマパーク建設の交渉が進められている、とされています。

「残りの土地」といっても、テーマパークとなればそれなりの広さが必要だと思われますが、どうなるのでしょうか。

「としまえん」も様々な施策で集客していましたが、やはり昨今は集客的に厳しかったんでしょうかねぇ。

交渉は、ことし春までに成立する可能性があり、合意すれば、大正15年に開園し、東京郊外を代表する遊園地として親しまれてきた「としまえん」は、90年を超える歴史に幕を閉じることになります。

ぼくが子供の頃からあるのでそれだけでも40年くらいの歴史があるのですが、まさか大正15年に開園していたとは!

自分が子供の頃だけでなく、子どもたちも何度も連れていきましたし、ここ数年は釣り堀のお世話になっていました。冬のプールの有効活用だから、フィッシングエリアも閉鎖されてしまうんだろうなぁ。

防災公園としては水も必要でしょうから、何かの形でフィッシングエリアが残ると良いなぁ、なんて思ってしまいますが。

“ハリポタ”テーマパークは2023年春にオープン?

【独自】としまえん跡にハリポタ「テーマパーク」…23年春めどによると「2023年春をめどに東京都内にオープンさせることが分かった」と伝えられています。

都は西武側に買収を提案したが、近年は交渉が停滞していた。関係者によると、昨年頃からハリー・ポッターの施設を提案したワーナーが加わり、交渉が再び動き出した。

買収交渉が停滞していたところに、ハリー・ポッターで話が動き出した、と。

建設されるテーマパークは乗り物型アトラクションはなく「映画撮影に使われたセットを見学できるロンドンの施設を参考に検討」しているそうです。ハリポタの映画の世界に入ることができるような施設でしょうか。

2023年にテーマパークが開業というのは随分とスピーディーだと思ったのですが、スタジオ型ということで、建物を建設するだけだから早いのですね。

嗚呼、青春の「としまえん」

子供の頃は親に連れられて、中高生の頃は友達と、そして大学生の頃はバイトをした思い出深い「としまえん」。

池袋から西武線なので、埼玉県民にも馴染みが深い幼稚園です。ディズニーランドが開業する前は、遊園地といえば「としまえん」そして足を伸ばして「富士急ハイランド」という感じでしたよね、埼玉県民のみなさま?

閉園するのも致し方ないことですが「としまえん」で働いていた人たちがどうなるのか、というのは気になるところです。

四半世紀前にぼくがバイトしていた頃は、現場にいる若い正社員は高校卒業して地方から上京してきたばかりという若者が多かったのです。みんなもう「としまえん」にはいないのかな。どうしているだろうか。

個人的にはハリポタカルチャーには触れていないので、恐らく「としまえん跡地」に行くことはなさそうだな、と思っています。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Apple、新型コロナウイルス拡大で中国のApple Store全42店舗を2/9まで一時閉鎖

次へ

ビックカメラ・ヨドバシ・ソフマップがSIMフリー「iPhone XS」値下げして64GBモデルが74,800円に