スポンサードリンク

男児が民家を訪れ「今晩泊めて下さい。何でもお手伝いします」「僕のことわからないの」

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

これは本当の話なのでしょうか‥‥ホラーのようです‥‥。

新潟県湯沢町の民家を小学校の低学年くらいと見られる男児が訪れ「今晩泊めて下さい。何でもお手伝いします」「僕のことわからないの」と言って立ち去ったそうです。警察が男児の情報提供求めるという記事になっています。

警察によりますと18日午後7時ごろ、湯沢町のJR越後湯沢駅近くの住宅に、小学生ぐらいの男の子が訪れ「今晩泊めて下さい。何でもお手伝いします」と話したということです。

スポンサードリンク

怖い。そこはかとなく怖い。

小学校低学年の小さな男の子が「今晩泊めて下さい。何でもお手伝いします」なんていうことがあるのでしょうか。

宿泊を断られると「僕のことわからないの」などと言ったあと、自転車に乗って立ち去ったそう。これまた怖い。知ってる前提で訪れていたのでしょうか‥‥。

警察は住民からの通報を受けて男の子を捜しているそうですが、捜索願も出されていないのだとか。

怖い怖い‥‥と思っていたら、続報がありました。警察が情報提供求めた男児 無事とのことです。

住民からの通報を受けて捜した結果、男の子は湯沢町に住む小学生で、無事が確認されました。

無事で良かったのですが、いったいなんだったのでしょうか。親と喧嘩して家を飛び出した‥‥とか? とにかく無事が確認されて良かったですが。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Apple「圏外」の問題に対するiPhone 7修理プログラムを開始

次へ

電子レンジを使うと2.4GHzのWiFi通信速度が落ちる理由が分かる動画