スポンサードリンク

飲食店応援!サントリーが飲食店の食事代を先払いする「さきめし」をサポート

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

飲食店応援でサントリーが飲食店の食事代を先払いする「さきめし」をサポート

新型コロナウイルスを影響を飲食店も強く受けていますが、それを飲食代の先払いという形で支援するプロジェクトとして「さきめし」は2020年3月に立ち上がりました。

サントリーは“飲食業を営む方々を応援したい”“日本が世界に誇る食文化を守っていきたい”という想いのもと、拠出金や告知支援などで「さきめし」をサポートすることになったそうです。

スポンサードリンク

サントリーが「さきめし」をサポート

「さきめし」では食事代を先払いする際に10%の手数料がかかりますが、2020年5月25日から期間限定でサントリーが手数料を負担します。

また「さきめし」では、自分のお気に入りの飲食店だけでなく、登録したすべての飲食店への「寄付金」を2020年5月25日から5月31日まで受け付けます。

サントリーは手数料負担と寄付金をあわせて1億円を拠出するほか、サイトのリニューアル、告知支援など広範囲で「さきめし」ひいては飲食店へのサポートを行っていくとしています。

飲食店応援でサントリーが飲食店の食事代を先払いする「さきめし」をサポート

まずは「さきめし」のティザーサイトが立ち上がっており、飲食店は店舗登録をすることができるようになっています。

2020年3月からスタートしている「さきめし」はコチラで確認することができます。既に登録している店舗を確認したい方はこちらからどうぞ。

支援を検討する人は、2020年5月25日に「さきめし」にアクセスすると、リニューアルした「さきめし」を確認することができます。

様々な飲食店支援の形がありますが、まずは何より飲食店が生き残れる、次に繋がるというのが大事になりますね。ぜひ行きつけのお店に登録してもらえるよう、声をかけましょう!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【Minecraft】開発のMojangが「Mojang Studios」に変更を発表

次へ

【付録】「DIME 2020年7月号」の付録は0.01g単位で最大500gまで量れる「デジタルポケットスケール」