サントリー「南アルプス」に続いて「北アルプス」天然水も生産へ

B004OBRKL8

サントリーが「南アルプス」などに続いて「北アルプス」でも天然水を生産することを発表しています。南アルプスに続き「北アルプス」の天然水も サントリーという記事になっていました。

「南アルプスの天然水」を展開するサントリー食品インターナショナルが7日、北アルプスを望む長野県大町市に「四つ目の生産拠点をつくる」と発表した。2020年末に生産を始め、東日本で販売する。

「北アルプス」の天然水の生産拠点ができるのは、長野県大町市です。4ヶ所目の生産拠点として、2020年末に生産開始するとしています。

地図で見るとこのあたりです。

富山県との県境ですね!

「大町市は3千メートル級の山々が連なる北アルプスのふもとで、市内の上水道をわき水でまかなっている」そうです。美味しい水が豊富な地域なのですね。

山梨県の「南アルプスの天然水(1991年)」
熊本県の「阿蘇の天然水(2003年)」
鳥取県の「奥大山の天然水(2008年)」

上記の3ヶ所に続く4ヶ所目の拠点として、北アルプスの大町市が選ばれました。商品名は「北アルプスの天然水」となるのでしょうかね?

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数