井村屋初!希少な白小豆を使った「白あずきバー」を50万本限定で発売へ(12/19)

Siro azuki bar 06000

井村屋が代表商品である「あずきバー」が2023年に発売50周年を迎えることを記念し、希少価値の高い白小豆を使った「白あずきバー」を、2022年12月19日より50万本限定で発売すると発表しています。

井村屋が初の「白あずきバー」を発売

井村屋のロングセラー商品である「あずきバー」は、祖業である和菓子の製造技術を活かした商品として「ぜんざいを凍らせたようなアイスができないか?」という発想から1973年に誕生したそうです。

2023年に発売50周年を迎えますが、2021年度には「あずきバー」シリーズの年間販売本数は3億本を突破。50周年を記念し、希少価値の高い白小豆を使用した「白あずきバー」を数量限定で発売することになったそうです。

Siro azuki bar 06001

北海道産原料にこだわった「北海道あずきバー」も、50周年記念限定パッケージで数量限定で展開します。

Siro azuki bar 06002

「白あずきバー」と「北海道あずきバー」を並べると縁起の良い“紅白カラー”になり、新年を祝うこれからの時期にぴったりと井村屋。白くて珍しい「白あずきバー」は食べてみたいですね!

「白あずきバー」商品特長

高級和菓子にも使われる希少な白小豆を使用した「あずきバー」

白小豆は栽培が難しいことから生産量が極めて少なく、2020年度の北海道における白小豆の作付面積は小豆全体の0.5%未満です。白小豆はその色合いや風味の強さから高級和菓子の原料として珍重されています。

今回、井村屋として初めて白小豆をアイスに使用。小豆として白小豆を100%使用し、独自の「あずきバー」の製法で生豆からじっくりと炊き上げ、風味豊かで、粒残りの良いあずきアイスに仕上げました。

白小豆、砂糖、食塩だけのシンプルなアイスだからこそ、原料にこだわり北海道産のみを使用

原料はすべて北海道産にこだわり、白小豆と砂糖、食塩のみのシンプルな配合で製造。すっきりとした甘さの砂糖とまろやかなオホーツクの塩が、白小豆のまろやかな甘みと上品な風味を引き立て、厳選した原料の素材本来が持つおいしさを引き出した味わいです。

「白あずきバー」「北海道あずきバー」おすすめのアレンジ

小豆の風味と粒感が特長で、小豆・砂糖・食塩の3つのシンプル原料にこだわった「白あずきバー」と「北海道あずきバー」は、レンジで温めると、温かい“ぜんざい”になるそうです。

作り方

あずきバーをスティックつきのままマグカップに入れ、レンジで600Wで1分30秒加熱し、スティックで軽くかき混ぜたら完成です。

Siro azuki bar 06003 Siro azuki bar 06004

「白あずきバー」商品情報

商品名:白あずきバー
希望小売価格:140円(税込)
内容量:80ml
温度帯:冷凍
発売日:2022年12月19日(月)より順次発売
販売場所:全国の量販店・スーパー

プレスリリース

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数