「ブリ」の旨味と「ヒラマサ」の歯ごたえを兼ね備えた近大生まれのハイブリッド種「ブリヒラ」がベイシアで販売へ

Buri hira 29000

ブリ(雌)とヒラマサ(雄)の交配により開発した近大独自の魚種「ブリヒラ」は「ブリ」の旨味と「ヒラマサ」の歯ごたえを兼ね備えているそうです。この近大生まれのハイブリッド種「ブリヒラ」が、2022年8月1日よりベイシアで販売されます。

「ブリ」と「ヒラマサ」のハイブリッド種「ブリヒラ」

昨年に続きということなので、2021年にもベイシアで「ブリヒラ」が販売されていたのです。

Buri hira 29001

ブリは旨味があるものの身が柔らかく、血合いの割合が多いため、夏場に血合いが変色しやすくなります。一方でヒラマサは血合いが少なく、身質がしっかりしていて見た目も美しく、品質を保持しやすいことから夏に重宝されるそうです。

この「ブリ」と「ヒラサマ」のいいとこ取りし、ブリの“うまみ”にヒラマサの“歯ごたえと美しさ”を兼ね備えたのがハイブリッド魚種「ブリヒラ」です。

Buri hira 29002

調べてみると2021年には「銀のさら」や「くら寿司」でも販売されていたようです。

天然物の「ブリヒラ」もいるらしいですが「ブリヒラ」は近畿大学の登録商標で、名前が使用できるのは近畿大学産ブリヒラ種苗を用いて養殖したものだけだそう。

近所にベイシアがないんですよね。またどこか回転寿司で販売されるようなら、食べに行ってみたいと思います。

商品概要

サク(100g):税込537円
スライス(6切):税込429円
生寿司単品(6貫):税込734円
ブリヒラたっぷり生寿司12貫:税込950円
ブリヒラ照り焼き弁当:税込645円(9月発売予定)
※いずれも売り切れ次第終了

プレスリリース

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数