つけ麺ブームの始祖からのれん分けした「元祖つけめん丸長」でグネグネ平打ち麺のつけ麺を食べた(長野県中野市)

つけめん丸長 長野県中野市 03000

友人の仕事の手伝いで足を運んでいる長野県中野市でのランチ。中野市は長野県の北部で、もう少し北上すると新潟県くらいのところに位置します。ちなみに全国トップクラスのきのこの生産地です。

長野出張のランチにはラーメンを食べることが多いです。限られる時間でサクッと食べられるのと、地方色はラーメンに出ることは少ないものの、どこにいってもオリジナルのラーメンが食べられるからです。

ということで、今回は「元祖つけめん丸長」でつけ麺を食べました。この丸長系は、つけ麺ブームの始祖から続く系譜なのです。

丸長系とは?

1947年、荻窪に5名の共同経営で中華そば「丸長」が創業。共同経営者がそれぞれ独立し「丸信」や「大勝軒」となったそうです。

「丸長」の創業者である青木勝治氏が考案し、まかないとして食されてきたものを「つけ麺」として商品化したのが「中野大勝軒」の山岸一雄氏です。

つけめん丸長 長野県中野市 03001

丸長の創業者たちは元々長野県出身だったそうで、長野県中野市に「元祖つけめん丸長」があるのも、その縁なのかもしれません。

池袋3丁目で営業をしていたのが、1982年にこの地へ暖簾と技を持ち帰ったのが「元祖つけめん丸長」の始まりだそうで、そこからの歴史だけでも40年あります。

「元祖つけめん丸長」外観と店内

長野県中野市でラーメン店を検索していて「丸長」を見つけたときは「まさか丸長系が長野に!?」と驚きましたが、改めて調べても超老舗であったことが分かりました。

ちなみに最近では埼玉県坂戸市にある、朝ラーメンで有名な「つけそば丸長」にも行っています。

つけめん丸長 長野県中野市 03002

こちらが「元祖つけめん丸長」の外観です。喫茶店のようなレトロ感のある建物で、店舗は2階にあります。

つけめん丸長 長野県中野市 03003

看板もなんとなく喫茶店ぽいです。

つけめん丸長 長野県中野市 03004

入口の扉も喫茶店‥‥というか、1982年だと飲食店のデザインはこういう感じだったのかもしれませんね。個人的にもどことなく懐かしさを覚えるのですが。

つけめん丸長 長野県中野市 03006

店内もやはり喫茶店風。窓が大きく眺めが良いです。

「元祖つけめん丸長」のメニュー

つけめん丸長 長野県中野市 03007

食券を購入するスタイルです。「初めての方は、つけめん並からご注文願います」という注意書きから察するに、恐らく量が多いのでしょう。

「つけめん 並盛(650円)」「つけめん 中盛(750円)」「つけめん 大盛(850円)」のほか、生玉子、えのき、チャーシューといったトッピングのついたバージョンがあります。えのきは中野市らしさです。

つけめん丸長 長野県中野市 03008

ぼくは「つけめん 並盛 チャーシュー3枚(1,000円)」を注文。

「元祖つけめん丸長」でつけ麺を食べた感想

これが「元祖つけめん丸長」のつけ麺です。

つけめん丸長 長野県中野市 03009

「大勝軒」や「つけそば丸長」で食べたことのあるつけ麺とよく似ています。だが、しかし。

つけめん丸長 長野県中野市 03012

この麺は初めてですよ!?

平打ちでグネグネしているというか、クニャクニャしているというか、縮れ具合がハンパありません。かなり特徴のある麺です。

つけめん丸長 長野県中野市 03013

つけ汁には唐辛子が浮いています。

つけめん丸長 長野県中野市 03015

長野県で独自進化した麺なのでしょうか。

つけめん丸長 長野県中野市 03017

つけ汁にくぐらせて食べると、うん、旨い!

つけめん丸長 長野県中野市 03018

大勝軒のつけ麺のつけ汁の味は、甘酸っぱい印象を持っているのですが、この「元祖つけめん丸長」のつけ汁は醤油が強めです。麺だけでなく、つけ汁も特徴的だと思いました。

つけめん丸長 長野県中野市 03019

チャーシューもしっかりと美味しいです。

つけめん丸長 長野県中野市 03020

窓からはすぐそこに山が見えました。

ちなみに「丸長のれん会」では「信州中野丸長」と呼ばれているようです。坂戸は「坂戸丸長」でした。

独特のグネグネ麺とチャーシュー、とても美味しかったです。営業時間はランチタイムのみですので、行く際はお気をつけ下さい。

ごちそうさま!!!!

あわせて読みたい

小諸といえば蕎麦!だがしかし食べたのはめちゃんこ美味い中華そば「中華そば やまさだ」

とろっとした馬刺しと馬モツを煮込んだ「おたぐり」が絶品!長野県伊那市で馬肉文化に触れる「焼肉のいたや」

日本酒場遺産があるならば推薦したい創業70年の大衆酒場「安兵衛」(長野県伊那市)

「ローメン うしお」名物に美味いものあり!いつか食べてみたかった伊那の“常食”が美味すぎた(長野県伊那市)

人生ベスト3に入る旨さ!信州味噌に石臼挽き粉麺の味噌ラーメン「らぁめん みそ家」(長野県長野市)

「カジュアルレストラン しらかば」で伊那名物のソースカツ丼をさっぱりと食す(長野県伊那市)

「北アルプスブルワリー」で楽しむクラフトビール“氷河ビール”と“羊飼いのソーセージ”(長野県大町市)

ぜひとも再訪してがっつり食べて呑みたい「イタリアン酒場 ウマニシカ」(長野県大町市)

北アルプスの麓で食べた大阪出身オーナーの居酒屋の塩たこ焼きが絶品「居酒屋まいど」(長野県大町市)

駅で立ち食いそば「榑木川 信濃大町駅店」で朝そばに安曇野産葉わさびそばを食べた(長野県大町市)

黒部ダムに近いから食べられる名物“黒部ダムカレー”「豚肉料理専門店 豚のさんぽ」でどうぞ(長野県大町市)

日本酒場遺産があるならば推薦したい昭和が香る焼鳥屋「赤のれん」(長野県岡谷市)

路地を巡って見つけた居酒屋で地元感を味わう「酒処 笑桜」(長野県岡谷市)

「富士アイス 岡谷店」甲信地方のソウルフード“じまんやき”のクリームを食べた(長野県岡谷市)

長野のローカル中華チェーン「テンホウ」で肉揚げ野菜炒めセットを食べた(長野県岡谷市)

タケヤみその味噌会館で食べる「ごまみそソフトクリーム」と高い噴出が止まった諏訪湖の間欠泉(長野県諏訪市)

「元祖つけめん丸長」住所と地図

>>つけめん 丸長 (まるちょう) – 延徳/つけ麺 | 食べログ

住所:長野県中野市大字新保56-2

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数