日本酒場遺産があるならば推薦したい創業70年の大衆酒場「安兵衛」(長野県伊那市)

伊那市 安兵衛 06000

友人の仕事の手伝いで、しばらく長野県に足を運ぶことになりました。1軒目に馬肉料理に舌鼓を打った「焼肉のいたや」の隣にあって、昭和から時間が止まったかのような店の佇まいが気になっていた「安兵衛」が2軒目のはしご先です。

後から知ったのですが、繁華街は伊那市駅を挟んだ反対側にあり「焼肉のいたや」や「安兵衛」がある地域は、そちらから比べると落ち着いた地域なのかもしれません。雨が降っていたので、そちらまでは足を伸ばさなかったのですが。

日本酒場遺産に推薦したい「安兵衛」

伊那市 安兵衛 06012

そぼ降る雨に濡れる、創業70年に大衆酒場。赤ちょうちんの雰囲気がたまりません。しっとりと赤い灯りが地面に反射しています。

伊那市 安兵衛 06011

看板にはラーメン、丼もの各種、中華各種といった文字も踊り、酒処としてだけでなく、往時は食堂としても盛り上がっていたのかな、などと昭和に思いを馳せます。

伊那市 安兵衛 06008

店内は紛うことなきコの字カウンターでして、やはり食堂というよりは酒場なのかな‥‥と思いました。

伊那市 安兵衛 06002

飲みもの類にはつまみが付いているのが特徴です。「安兵衛」のスタイルなのか、それともこの一帯でそのようなカルチャーがあるのか、今回の伊那旅では分かりませんでした。

伊那市 安兵衛 06001

すっかり色の変わった壁のメニューには、馬刺し(500円)、おたぐり(500円)など地元フードも並びつつ、カツ丼、カレー、玉子丼など食堂ぽさもあります。昭和を感じますね。

伊那市 安兵衛 06004

年季の入ったカウンター上の調味料類。

伊那市 安兵衛 06007

つまみ付きのちゅうはい(450円)です。実家で父親が作ってくれたような、なんだかホッとするチューハイが出てきました。つまみはキャベツとイカをボイルしたもの。

伊那市 安兵衛 06009

お一人で営業されている店主に話を聞くと、父の代から続く創業70年の2代目だそう。84歳とおっしゃっていました。まさに伊那市の酒場の生き字引なのでしょう。空間の空気も濃く感じます。

伊那市 安兵衛 06010

いかの塩辛(400円)。

最近は「平成レトロ」という言葉も聞くようになりましたが、やはりレトロといったらこれだよなぁ。レトロスペクティブ。昭和を懐かしく思い出す酒場に立ち寄りました。

しかし、これだけ歴史のある酒場に出会えることって、そうそうないと思うんですよね。70年も続いているというのは、まさに奇跡です。1952年(昭和27年)は、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が廃止され、日本の主権が回復された年でした。

強く生き続ける生命を感じる昭和の酒場。もしも日本酒場遺産なるものがあるならば、真っ先に「安兵衛」を推薦したいと思いました。

ごちそうさま!!!!!

追記:

動画を探してみたら1940年(昭和15年)創業と言っている‥‥もしかして本当は創業82年だった!?

「安兵衛」住所と地図

>>安兵衛 飲食店 – 伊那市/レストラン(その他) | 食べログ

住所:長野県伊那市春日4873

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数