「SOPHIA」都啓一、血液のがん「ろ胞性悪性リンパ腫」で治療に

2010-03-24_1727.png

「SOPHIA」のキーボーディスト都啓一が、2010年2月上旬に血液のがんである「ろ胞性悪性リンパ腫」と診断されたことを発表しています。

SOPHIAより ファンの皆様ならびに関係者の皆様へ大事なお知らせ

今年2月上旬、都 啓一(Keyboard)が、ろ胞性悪性リンパ腫と診断されました。SOPHIAは現在、15周年記念全国ツアー中ですが、このツアー終了後に抗ガン剤治療に入ります。メンバー5人、所属事務所と相談の結果、現在行っている全国ツアー(追加公演4月10日中野サンプラザ公演)をもって、SOPHIAのライブ活動を休止することとなりました。

現在、行っているツアー終了後に抗がん剤治療に入るということで、その後のライブ活動は休止となります。

休止中は都啓一以外のメンバーが、それぞれ「SOPHIA」としての楽曲制作、ソロ活動を続けていき、治療の動向を見つつ、活動再開の時期を模索するとしています。

現在決定しておりますロサンゼルスで開催される【ANIME EXPO 2010】(2010年7月1日~4日開催)には、都 啓一の意向を含め、日本のポップカルチャーの代表として、メンバー4人のSOPHIAで出演致します。

最後に、都啓一からのコメントもありました。

俺自身、「必ずまたこのステージに戻ってくる」「絶対にガンに負けるか!」と強い気持ちを確認できました。多分想像を絶する戦いになると思いますが、「約束は忘れない」ので、ガンを克服し、全国の皆に必ず会いに行きます!また必ずライブをします!

間違いなく、約束の場所に戻ってきて欲しいですね。

献身介護する妻・久宝留理子 SOPHIA都啓一の“がん”とはによると「ろ胞性悪性リンパ腫」は比較的進行が遅く、さらに最近になって有効な治療薬が出てきたということです。

15(初回限定スペシャルプライス) [Limited Edition]

B002WFMUBI

■関連記事

「SOPHIA」都ががん…ろ胞性悪性リンパ腫