シックス・アパート、EBOでインフォコムから全株式を取得し独立

6a 0851

これはMovable Typeユーザーとしては見逃せないニュースです。Movable Typeを開発しているシックス・アパートが経営陣と社員によるた「シックス・アパート・ホールディングス株式会社」を設立し、親会社であるインフォコムからシックス・アパートの全株式を取得したことを発表しています。

今回、インフォコム株式会社の支援の下、EBOの実施により、経営、組織をスリム化し、より迅速な意思決定と製品開発を実現することで、Movable Type 6 の発表以降、売上の伸びが続いているソフトウェア版、セキュリティ対策やメンテナンス性の良さで急速に伸びているクラウド版の成長をより促進するほか、サービス型CMSである MovableType.net の機能強化や海外展開を進めます。

MBO(Management Buy Out)というのは聞いたことがありますが、EBO(Employee Buy Out)は初めて聞きました。MBOでは経営陣が株式を取得しますが、EBOではここに従業員が加わります。会社のみんなで親会社から株式を取得し独立した、と考えて良いでしょう。

ネタフルと同じくMovable Typeを使用している「Publickey」が、ここまでの経緯をまとめてくれています。Movable Typeを開発するシックス・アパート、経営陣と従業員の持ち株会社が全株式を取得。独立した企業として再出発という記事です。

シックス・アパートはもともと、Movable Typeを開発したベン・トロット、ミナ・トロット夫妻によって2001年に米国で創業された企業です。2002年にブログメディアとして登場したGizmodoや、2003年に登場したブログ検索エンジンのTechnoratiなどとともに、初期のブログブームを牽引する企業の1つでした。

ブログといえばWordPress全盛の今では「Movable Typeってなに?」という人も少なくないかと思いますが、ブログ黎明期に一時代を築き、現在はBtoBで存在感を発揮しているCMSです。

紆余曲折がありアメリカのSix Apartはなくなり、日本のシックス・アパートがMovable Typeを開発しています。

ネタフルが13周年を迎えました!という記事で書いた通り、ぼくがブログを始めたのは2003年7月です。ぼくがMovable Typeと出会ったのは、前年の2002年夏のことでした。

その頃はサラリーマンをしながらメールマガジン版ネタフルを執筆しており、自宅でも会社でも参照できるように、今で言うクラウドのようにネット上にネタをストックしておく場所が欲しかったのです。そこでCMSの存在に気づきました。国産だと現在は「a-blog cms」という名前になっていますが、前身となる「a-News」なども試しました。ちなみに「a-News」は国産の最も古い部類に属するブログCMSといって良いのではないでしょうか。