スポンサードリンク

KDDI、UQ mobileを事業統合

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

KDDI、UQ mobileを事業統合

KDDIとUQコミュニケーションズが、2020年5月14日の各社の取締役会において、UQコミュニケーションズのUQ mobile事業を会社分割し、2020年10月1日をもってKDDIが承継することを決議したことを発表しています。

スポンサードリンク

KDDI、UQ mobileを統合

もともとUQコミュニケーションズはKDDIのグループ会社で「UQ WiMAX」と「UQ mobile」を提供していたのですが、いわゆるMVNOに位置する「UQ mobile」をKDDIに取り込むという形となります。

KDDIにおける通信サービスは「au」「UQ mobile」の2ブランドとなります。これで、KDDIは大手キャリアとしての「au」と、格安スマホとしての「UQ mobile」と両方が提案しやすくなります。

KDDIは「グループ経営資源の集約による営業体制、サービス競争力の強化ならびに事業構造の効率化を図り」としています。

UQ mobileの契約数は200万件とのことです。

auとUQ mobileというのは、ソフトバンクモバイルとワイモバイルのような関係性ですね。

KDDI、UQ mobileを事業統合UQ mobile オンラインショップでキャンペーンをチェックする

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【松屋】「牛焼肉丼」「ブラウンソースハンバーグ丼」など松屋の定番定食が“丼”に!ファミリー丼トリオは300円もお得【テイクアウト】

次へ

ロイヤルホスト・てんや、新型コロナウイルスの影響により不採算の約70店舗を閉店へ