【新幹線全駅LTE調査】ソフトバンクが速度&エリアで首位

A0800 001038

最近、ソフトバンクのLTEがガンガン広がっているのを実感します。地元ではほとんどLTEです。新幹線全駅でのスマホLTE実測調査、ソフトバンクが速度とエリアともに首位という記事があったのでご紹介です。

ICT総研は2012年11月19日、新幹線全97駅におけるスマートフォン向けLTEサービスの実測調査結果を発表した。各駅ともにホーム、改札付近、駅前広場の3地点で実際の通信速度を測定している。

この調査によると、新幹線全駅97駅で平均速度が最速だったのはソフトバンクだったそうです。2位にKDDI、3位にドコモとなっています。

下り速度 上り速度
ソフトバンク 9.17Mbps 4.31Mbps
KDDI 7.02Mbps 3.16Mbps
ドコモ 6.36Mbps 1.13Mbps

上り・下り共に他社の速度を上回っているというのは、ユーザとしては嬉しい限りです。

また、291地点中、LTEで通信できた地点数についてもソフトバンクが217地点でトップだった。以下、ドコモが189地点、auが103地点と続いている。

スピードだけでなく、エリアでもソフトバンクが他社を上回っています。

個人的にも、浦和の生活圏ではほとんどの場所がLTEになり、そのスピードの恩恵を受けています。もちろん、3Gのプラチナバンドで繋がりやすいというのも大切なのですが、今の心境としてはどんどんLTEエリア拡大を進めて欲しいです。

バッテリの持ちも、3Gで接続している時よりもLTEの時の方が良い気がしますね。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数