NTTドコモ、2年縛りなどの「解約金」を廃止へ

Docomo cancel stop

NTTドコモが、定期契約の料金プラン解約時に設定している、いわゆる「2年縛り」などの「解約金」を廃止すると発表しています。解約金や解約金留保の廃止及び定期契約の新規受付終了として発表されています。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」について、2021年10月1日(金曜)から廃止※1※2します。また、料金プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで、解約金が留保される「解約金留保」の制度についても2021年10月1日(金曜)から廃止※1します。

「解約金」は、2021年10月1日から廃止されるとしています。

今回の変更に伴い、現在提供している2年定期契約プランは、2021年9月30日をもって新規受付を終了するということです。

ドコモでは「一人ひとりのライフスタイルに寄り添い、安心して長く使い続けていただける料金サービスのさらなる充実をめざしてまいります」としています。

この1年で通信料金もかなり下がりましたし、携帯電話・スマートフォンを取り巻く料金は随分と変わりましたね。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数