スポンサードリンク

【マクドナルド】13都道府県の約1,900店舗で店内飲食を中止と発表→受け取るだけのモバイルオーダーがオススメ

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

【マクドナルド】13都道府県の約1,900店舗で店内飲食を中止と発表→受け取るだけのモバイルオーダーがオススメ

マクドナルドが、政府の指定した特定警戒都道府県(13都道府県)全店舗での「終日店内客席ご利用中止」を発表しています。

日本マクドナルドは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先し、新型コロナウイルス感染の拡大を抑制するため、2020年4月20日(月)午前5時より、政府の「特定警戒都道府県」対象地域である13都道府県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、福岡県、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府)の全店舗で、店内客席のご利用を終日中止させていただきます。

スポンサードリンク

マクドナルドの店内利用が中止に

緊急事態宣言以降も何度かマクドナルドのテイクアウトは利用しているのですが、どんどん店内で飲食する人は減り、テイクアウトやドライブスルーが中心になっているのだろうな‥‥という印象はありました。

マクドナルドはこれまでにも20時~翌朝5時までの「店内客席利用中止」や「閉店」を実施していたものの、更なる安全強化と新型コロナウイルス感染拡大抑止のため「店内客席利用中止」の対象地域や対象時間帯を拡大するとしています。

概要

対象期間:4月20日5時~5月6日24時(予定)

対象店舗:政府の「特定警戒都道府県」対象地域13都道府県の全店舗(臨時休業中の一部店舗を除く)約1,910店舗

対象時間帯:全営業時間中

営業形態:店内での飲食を中止し、お持ち帰り、ドライブスルー・デリバリー(店舗によって異なる)のみでの提供

テイクアウトでもモバイルオーダーがオススメ

マクドナルドでは数年かけて、店内カウンター付近を改装してきました。テイクアウトの窓口を広げ、オーダーを表示するモニターを取り付けてきました。

これは来たるべきスマホ決済時代を見越しての、スマホから注文・決済ができる「モバイルオーダー」対応でしたが、偶然、新型コロナウイルスが広まるタイミングと重なりました。

マクドナルドの「モバイルオーダー」は、スマホの公式アプリから利用することができます。スマホから注文、決済しますので、レジに並んでの注文を省略することができます。商品ができあがったら、受取カウンターで受け取るだけです。

レジに並ぶ必要がないので、感染するリスクを減らすこともできますので、マクドナルドでテイクアウトするという人は、公式アプリの「モバイルオーダー」は間違いなく利用した方が良いと思います。手軽ですし。

使い方は【マクドナルド】公式アプリでモバイルオーダーする方法を参考にして下さい。

マクドナルド - McDonald's Japan

マクドナルド - McDonald's Japan

日本マクドナルド株式会社無料posted withアプリーチ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Googleロゴ「新型コロナウイルス感染症」に

次へ

【Google Fi】eSIMがiPhoneでも利用可能に