「鶏鬨(TORI DOKI)」クアラルンプール店オープンに駆けつけてきた!朝締めの鶏が食べられる焼鳥店でまさかのホッピー #マレーシア0泊3日

Toridoki 3221

マレーシア0泊3日、食い倒れの旅で最後にたどり着いた約束の地は、クアラルンプールの本格的な焼鳥の店「鶏鬨(TORI DOKI)」です。マレーシア在住の起業家・南さんが「新しいことにチャレンジしたい、自分も美味い焼鳥を食べたい」という思いから、日本の焼鳥店「鶏鬨」のクアラルンプール店をオープンしてしまったのです!

「鶏鬨(TORI DOKI)」クアラルンプール店で焼鳥を食べまくってきた!

Toridoki 3161

南さんといえば、ネタフル読者的には「ひらくPCバッグ」のブランド「スーパーコンシューマーの中の人」というと分かりやすいでしょうか。現在はマレーシア在住で、新しいチャレンジとして今回の焼鳥店を開業することを決心したそうです。

Toridoki 3162

「招待するので食べに来てくださいよ」とお誘い頂き、0泊3日というキーワードに「大丈夫かいな」という不安はあったものの、行ってみないと分からないだろうということで、初の海外LCCに乗って行ってきました。

Toridoki 3163

厨房ではマレーシア人の調理人たちの姿が。聞くところによると、開店にあたっては日本で修行してきたそうです。これまでマレーシアの日本料理店で働いていた人もいるものの、日本で修行する機会はなかったそうで、ものすごくモチベーションも高いそうです。しっかり日本の技術を学んでいるということなので、期待も高まります。

Toridoki 3164

これは東京の「鶏鬨」でも名物のローストチキン。鶏の丸焼きです。あとで食べた様子も出てきますが、超ふっくらしててオススメ。しかも安いんですよ、マレーシアでも日本でも。

Toridoki 3167

これはカウンターの後ろにあるボックス席です。4人がけの席です。ここだけ見ると、完全に日本ですよね。

Toridoki 3168

この日はプレオープンの日で、ほぼオープンと同時に行ったくらいだったのですが、カウンター席もかなり埋まっていました。前日、前々日は満席だったそうで、地元の方からの期待も高いようです。

Toridoki 3169

奥の座敷席です。掘りごたつで、足を下ろして座れます。座布団もあって、完全に日本じゃないですか。

Toridoki 3170

席は6人がけ。

Toridoki 3172

「鶏鬨」のロゴマーク入りというこだわりよう。食器も日本から持ち込んでいます。

Toridoki 3171

メニューの表紙も和テイストです。外国の人が作った「日本風」ではなく、しっかりと日本人によるデザインになっていますので、普通に日本を感じるんですよね。「あれ、ここクアラルンプールだよね?」と何度、感じたことでしょう。

Toridoki 3174

鶏の部位なども、分かりやすく解説されています。もちろん英語の説明もあるんですけど、それも違和感なく、本当にジャパンテイストのメニューとなっています。

Toridoki 3175

ちなみに1リンギットは30円くらいですので、メニューも200円くらいから500円、600円くらいと、日本で食べる価格設定と変わらないか、少し安いくらいです。恐らく、客層としては現地駐在の日本人、またはマレーシアの富裕層なので、本格的な焼鳥屋としては全く問題ないのでしょうね。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数