スポンサードリンク

「東京ウォーカー」「横浜ウォーカー」「九州ウォーカー」6月20日発売号で休刊

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

B0868FB5VX

老舗のタウン情報誌「東京ウォーカー」「横浜ウォーカー」「九州ウォーカー」が、2020年6月20日発売号で休刊することが発表されました。情報誌「ウォーカー」が東京、横浜、九州の3エリアで6月発売号をもって休刊、各誌のコンテンツはWEBにシフトという記事になっています。

今回の刊行休止は、ウェブやSNSを使用した情報収集が主流となる中、生活者の行動様式の変化に伴い、メディアのデジタルシフトによる情報発信力の強化を図ることを考慮したもの。

むしろウェブ全盛の時代に、よくぞここまで生き残ってきた‥‥という感じすらありますが、特に「東京ウォーカー」は1990年刊行の30周年ということで、本当にお疲れ様でしたという感じです。

当初は週刊で、その後は隔週刊で発行されていた時代が長かったですよね。とりあえずコンビニに行くと読む、みたいな。

「東京ウォーカー」で情報収集していた人も多かったでしょう。2015年から月刊化されていました。

今後は「ウォーカープラス」で、引き続き各エリアの最新情報を発信していくということです。

「東海ウォーカー」「関西ウォーカー」は刊行を継続するということです。

小学館の幼児誌「マミイ」休刊へ
「読売ウイークリー」休刊へ
小学館「ラピタ」「Latta」休刊へ
「南日本新聞」夕刊休刊へ
「コミックチャージ」2年で休刊へ
「ヤングサンデー」休刊を検討中
「主婦の友」休刊へ
「千葉ウォーカー」休刊「ぱど」週刊→隔週刊へ
「知恵蔵」休刊
「エルマガジン」休刊へ
映画雑誌「ロードショー」休刊へ
「LOGiN」休刊へ
「コミックヨシモト」休刊
ギャル向け女性誌「Cawaii!」休刊へ
「コミックボンボン」休刊へ
「月刊少年ジャンプ」休刊へ
「ヤングサンデー」休刊を正式発表
「インターネットマガジン」が休刊に
「週刊ゴング」休刊へ
無料マンガ「コミック・ガンボ」休刊
「ダカーポ」休刊へ
「NIKITA」休刊へ
「薔薇族」が休刊
「Hotwired Japan」が3月末で休刊
「STUDIO VOICE」休刊へ
「マリ・クレール」休刊
「フォーブス日本版」休刊へ
「Hanako WEST」休刊へ
求人誌「ガテン」休刊へ
「PINKY」休刊へ
小学館「sabra」休刊へ
小学館「ChuChu」休刊へ
「小学五年生」「小学六年生」が休刊
学研「科学」「学習」休刊へ
「ネトラン」休刊
二玄社のクルマ雑誌「NAVI」休刊へ
「格闘技通信」休刊
「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊へ
音楽誌「アドリブ」休刊へ
「スコラ」休刊
「スイングジャーナル」休刊
「コミックバンチ」休刊
「ぴあ関西版」休刊へ
「日本繊維新聞」休刊 → 営業停止に
「ぴあ」首都圏版、休刊へ
「山形新聞」夕刊が休刊に
小学館「PS」休刊へ
「小学三年生」「小学四年生」が休刊
「漫画サンデー」休刊へ
「BestGear(ベストギア)」8月発売号で休刊
「すてきな奥さん」休刊へ
「MacPeople」休刊へ
1974年創刊「宝島」休刊
「AneCan」12月号で休刊へ
「小学二年生」休刊 〜残るは「小学一年生」のみに
「Zipper」休刊へ 〜24年の歴史に幕
デザイン専門誌「MdN」休刊を発表

スポンサードリンク

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

サンワサプライ、最大容量36リットルで機内持ち込みも可能な撥水加工生地仕様のビジネスキャリー「200-BAGCR002WP」発売

次へ

広瀬香美カバー「もしかしてだけど(どぶろっく)」のアレンジがトンデモナイ!返歌として歌ったどぶろっく「promise(広瀬香美)」の原曲キーもトンデモナイ!