スポンサードリンク

「Zipper」休刊へ 〜24年の歴史に幕

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

B0742XTFVP

1993年に創刊された女性向けファッション誌「Zipper」が、2017年12月22日発売号をもって休刊することが発表されました。公式アカウントがTwitterで発表しています。

スポンサードリンク

原宿系のファッションスタイルを提案し、10代女子を中心に絶大な人気を誇った」という「Zipper」ですが、2015年からは季刊誌になっていたということです。

今後は「Zipperのブランド力を活かした、新しい形でのビジネスを検討してまいります」ということで「Zipper」ブランドを活かしたウェブメディアのような形での継続が検討されているのでしょうか。

休刊の発表を受けた千秋らがツイートしています。

最後の表紙は元「モーニング娘。」の高橋愛とのことですが「Zipper」というタイトルで撮影が行われたことがブログで綴られていました。

今日は大好きなZipperの撮影してきました♡
セルフメイクで
撮影。

普段のたかはしが使ってるアイテムで
メイクしてるので、ぜひに!

これまでネタフルで取り上げてきた休刊ネタです。

小学館の幼児誌「マミイ」休刊へ「読売ウイークリー」休刊へ小学館「ラピタ」「Latta」休刊へ「南日本新聞」夕刊休刊へ「コミックチャージ」2年で休刊へ「ヤングサンデー」休刊を検討中「主婦の友」休刊へ「千葉ウォーカー」休刊「ぱど」週刊→隔週刊へ「知恵蔵」休刊「エルマガジン」休刊へ映画雑誌「ロードショー」休刊へ「LOGiN」休刊へ「コミックヨシモト」休刊ギャル向け女性誌「Cawaii!」休刊へ「コミックボンボン」休刊へ「月刊少年ジャンプ」休刊へ「ヤングサンデー」休刊を正式発表「インターネットマガジン」が休刊に「週刊ゴング」休刊へ無料マンガ「コミック・ガンボ」休刊「ダカーポ」休刊へ「NIKITA」休刊へ「薔薇族」が休刊「Hotwired Japan」が3月末で休刊「STUDIO VOICE」休刊へ「マリ・クレール」休刊「フォーブス日本版」休刊へ「Hanako WEST」休刊へ求人誌「ガテン」休刊へ「PINKY」休刊へ小学館「sabra」休刊へ小学館「ChuChu」休刊へ「小学五年生」「小学六年生」が休刊学研「科学」「学習」休刊へ「ネトラン」休刊二玄社のクルマ雑誌「NAVI」休刊へ「格闘技通信」休刊「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊へ音楽誌「アドリブ」休刊へ「スコラ」休刊「スイングジャーナル」休刊「コミックバンチ」休刊「ぴあ関西版」休刊へ「日本繊維新聞」休刊 → 営業停止に「ぴあ」首都圏版、休刊へ「山形新聞」夕刊が休刊に小学館「PS」休刊へ「小学三年生」「小学四年生」が休刊「漫画サンデー」休刊へ「BestGear(ベストギア)」8月発売号で休刊「すてきな奥さん」休刊へ「MacPeople」休刊へ1974年創刊「宝島」休刊「AneCan」12月号で休刊へ「小学二年生」休刊 〜残るは「小学一年生」のみに

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【ビッグローブ】「iPhone 6s」「iPhone SE」の販売を開始

次へ

テレビで見なくなったふなっしー「海に沈められたり爆破されたりといったぞんざいな扱いに疑問」