M1 Mac対応の「Parallels Desktop 16.5 for Mac」リリース

Parallels Desktop 15

MacでWindowsを動作させることができる「Parallels Desktop」のM1 Mac対応版「Parallels Desktop 16.5 for Mac」が正式リリースされました。NEW: Parallels Desktop 16.5 for Mac Supports Both M1 and Intel Chipsとして発表されています。

We’re very excited to announce the highly anticipated Parallels® Desktop 16.5 for Mac with full, native support for Mac computers with either Apple M1 or Intel chips. Users will now be able to run Windows 10 on ARM Insider Preview and its applications as well as the most popular ARM-based Linux distributions on Apple M1 Mac computers.

「Parallels Desktop 16.5 for Mac」はApple M1とIntelチップのMacをネイティブでサポートし、Apple M1 Mac上で、Windows 10 on ARM Insider Previewとそのアプリケーション、およびARMベースのLinuxディストリビューションを実行することが可能となります。

「Parallels Desktop 16.5 for M1 Mac」のテクニカルプレビューは100,000人以上のM1 Macユーザーがテストに参加し、MicrosoftのWindows 10 on ARM Insider Previewや、Microsoft Office for Windowsなどを試したそうです。

Apple M1チップを搭載したMacの「Parallels Desktop 16.5」のエネルギー消費量は、2020年のIntel MacBook Airと比較して2.5倍少なくなっているそうです。

Radeon Pro 555X GPUを搭載したIntel MacBook Proと比較して、DirectX 11のパフォーマンスも最大60%向上、Windows 10 on ARM Insider Previewの仮想マシン(VM)も、Intel Core i9搭載のMacBook Proで実行するWindows 10 VMよりも最大30%性能が向上するとしています。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数