ブログエディタ「MarsEdit」に乗り換えた使用感と理由

2011 08 15 1015

Macでブログを書くために使っていた、いわゆるブログエディタのソフトを「ecto」から「MarsEdit」に乗り換えました。使用感とその理由を書き留めておきたいと思います。

MarsEdit App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: ¥3,450

ぼくは長いこと、ブログを書くためのツールとして「ecto」を使用してきました。最大の理由は「画像をドラッグ&ドロップで挿入できる」ことでした。

大量の画像を使用するようなレビュー/レポート記事では、画像をドラッグ&ドロップで挿入しながら文章を書けると非常に便利です。というか、必須です。現場からブログをリアルタイム更新するには、こうしたツールが欠かせません。

そのため、わざわざ有償のツールを使ってきました。

ただ「ecto」が売却された頃から、ちょっと雲行きが怪しくなっているのは感じていました。というのも、このままアップデートされないのでは、という懸念が出てきました。

実際、アップデートがなくなり、OSのバージョンアップについていけなくなったらどうしよう、と心配していたら案の定、Mac OS X Lionから不穏な動作をするようになったのです。

我慢していれば使い続けられるレベルではありましたが、将来的なことを考えると、ここで乗り換えておくのが懸命と判断し、ユーザも増えつつある「MarsEdit」を試してみることにしました。

以前に試した時は、プレビュー時の画面の横幅が広くて実際の文字幅とズレがあるなどの理由で利用を中止したのですが、今回はプレビュー画面のHTMLを編集し、横幅をダイレクトに変更することで対応してみました。

2011 08 15 1016

これが「MarsEdit」のメイン画面です。「ecto」を使っている人には、ほぼお馴染みの画面に見えるかと思います。

左画面でタイトル、本文などを入力し、カテゴリを選択、そして右画面ではリアルタイムにプレビューが見られます。

特に気になっていた画像挿入ですが‥‥

2011 08 15 1016 1

「ecto」と同様に、画像のドラッグ&ドロップで可能です。横幅は固定することができます。また、すぐにアップロードするか、投稿時にアップロードするかも選択できます。

「ecto」では複数の画像をまとめてドラッグ&ドロップできたのですが「MarsEdit」はそれができません。不満点といえば、そこでしょうか。

2011 08 15 1017

実際に画像を挿入し、ちょっとテキストなどを書き、プレビューしてみているところです。オフラインでも画像挿入をしながらブログを書ける、というのは強みですね。

2011 08 15 1017 1

ぼくはデスクトップから画像を挿入することがほとんどですが、Media Managerという機能で画像挿入することもできます。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数