「Leopard」SafariStandが”Safari 3″に対応

コレがあったからParallelsのWindows環境が捨てられたといっても過言ではない、ぼくにとっては必須アイテムの「SafariStand」が”Safari 3″に対応しました。

Hetima Safaristand1

・サイドバーの表示
・リンクタグのコピー
・_blankリンクをタブで開く

などなど、Safari 3もバージョンアップして便利になりましたが、やはりそれでも「SafariStand」は欠かせません。

ネタフルでは以下のようにレポートを書いています。

「SafariStand」簡単レビュー
「SafariStand」で開いていたタブを回復する
Safariでアドレスバーから検索する方法

一点だけ気になっているのは、livedoor Readerでvを押したときにタブで開かずに新規ウィンドウで開くようになってしまったことです。

Gmail内のURLもタブではなく、新規ウィンドウになってしまいました。

以前は問題なかったので、Safariの方の何らかの挙動が変わってしまったのかもしれませんね。

追記:「Mac OS X 10.5 “Leopard”」インストールのまとめで関連記事をまとめています。

↓Apple Storeで購入

Mac OS X Leopard

Apple Store(Japan)

↓Amazonで購入

MacOS X v10.5 Leopard

MacOS X v10.5 Leopard

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数