【macOS Mojave】「どこでも My Mac」利用不可に

【macOS Mojave】「どこでも My Mac」利用不可に

macOS Mojave」のリリースを秋に控え「どこでも My Mac」の変更点に備えるという情報が公開されています。「macOS Mojave」では「どこでも My Mac」が利用不可になること、その代替手段がまとめられています。

「どこでも My Mac」は、macOS Mojave ではご利用いただけなくなります。ファイルアクセス、画面共有、リモートデスクトップアクセスに使える別の手段を検討し、今のうちから準備しておきましょう。

「どこでも My Mac」の代替手段として紹介されているのは次の通りです。

・iCloud Drive を使って複数のデバイスからファイルにアクセスする

iCloud Drive を有効にしておけば、ファイルが自動的に iCloud にアップロードされます。iCloud ではファイルが安全に保管され、すべてのデバイスからアクセスできます。

「どこでも My Mac」の変更点に備える – Apple サポート

複数の Mac をお使いの場合は、画面共有機能を使って、1 台の Mac からもう 1 台の Mac をリモートから表示し、コントロールできます。

・Mac を Apple Remote Desktop でリモート管理する

複数の Mac をお使いの場合は、Apple Remote Desktop でも、ほかの Mac で App を実行したり、その Mac にあるファイルを操作したりでき、別の場所にいても支障はありません。

関連記事

Apple「macOS Mojave(モハベ)」発表

Apple「macOS Mojave」パブリックベータ版をリリース

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数