スポンサードリンク

Apple Silicon(M1)用のGoogle Chromeをインストールした

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Google chrome apple silicon 202012 1

M1チップ搭載のMacBook Airを利用開始してから、Apple Silicon用のアプリを一つだけダウンロードしていました。それが「Google Chrome」です。

スポンサードリンク

他にも対応しているアプリがあるかもしれませんが、利用頻度が高いのと、チョッパヤだと聞いたので、まずは。

他のアプリが対応しているかどうかはこれから確認しますが、常用アプリは「Rosetta 2」で普通に動いてしまっているのですよね。快適なスピードで。

・Messenger
・LINE
・Skitch
・Mailplane 3
・夜フクロウ
・JPEGmini
・MarsEdit 4

などなど、MacBook時代に利用頻度の高かったアプリは全てMacBook Airでも問題なく動作しています。

MarsEdit 4だけ苦労したのですが、このあたりの一連のツイートを読んで頂けたらと思います。

こんなことあるんだなって自分でも驚きました。

ということで、Google Chromeです。ココからダウンロードすることができます。

Google chrome apple silicon 202012 2

もちろん「Appleプロセッサ搭載のMac」を選んでダウンロード、からのインストールでOKです。設定などもそのまま引き継がれました(当たり前か)。

少し触って「Rosetta 2」上のGoogle Chromeも速くなっていると分かりましたが、Apple Silicon用をダウンロードするとさらに速くなります。

個人的に最もM1チップの恩恵を受けているは、Google Chromeのスピードアップかもしれませんね。常時、タブも50枚以上は開いているので、さくさく開いたり、タブ移動ができるのは快適です。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

思い立ったらちょこちょこ掃除ができて便利!買って良かったコードレスハンディクリーナー「Anker Eufy HomeVac H11」

次へ

【松屋】赤ワイン風味の特製ソースでとろとろに煮込んだ牛肉の「ビーフシチュー定食」12月8日より発売