A14Xチップは最初のApple Silicon搭載MacBookと新しいiPad Pro向けに2020年第4四半期より量産開始か

A14Xチップは最初のApple Silicon搭載MacBookと新しいiPad Pro向けに2020年第4四半期より量産開始か

最初のApple Siliconが搭載されるMacBookと、新しいiPad Pro向けにA14Xチップが2020年第4四半期より量産開始されるとMacRumorsが伝えています。

A14X Chip for First Apple Silicon Mac and New iPad Pro to Enter Mass Production in Fourth Quarterという記事です。

Apple’s 5-nanometer-based A14X processor, which is destined for the first Apple Silicon Mac and the next-generation iPad Pro, will enter mass production in the fourth quarter of this year, reports DigiTimes.

DigiTimesが報じている情報として伝えているのですが、Appleの5nmのA14Xチップが2020年第4四半期より量産開始されるようです。

A14Xチップはコードネーム「Tonga」と呼ばれ、MacBook 12インチと新しいiPad Proに搭載されると見られています。

スーパーライトウェイトのMacBook 12インチは、バッテリー駆動が15〜20時間になるとも言われています。

初のApple Silicon搭載MacはMacBook Proとも言われていたのですが、最近の噂ではMacBook 12インチが有力ですね。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数