スポンサードリンク

Apple、MacのプロセッサーをIntel製から自社製への移行を「WWDC2020」で発表へ

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Apple、MacのプロセッサーをIntel製から自社製への移行を「WWDC2020」で発表へ

AppleがMacのプロセッサーをIntel製から自社製のARMプロセッサーへ移行する話はかねてよりありましたが、いよいよ「WWDC2020」で正式発表されるようです。

スポンサードリンク

Bloombergでアップル、自社設計Mac用チップへの移行を今月にも発表へ-関係者という記事になっています。

米アップルはコンピューター「Mac(マック)」で、インテル製半導体に代わり独自のメインプロセッサーを搭載することを計画しており、この切り替えを今月にも開発者向け会議「WWDC」で発表する準備を進めている。

複数の関係者が明らかにしている、と。

iPhoneでも自社製ARMプロセッサーは着実に成果を出しているので、それをMacに転用するというのはそんなに驚く話でもないのですが、Motorolaの68000系からApple、IBM、Motorolaの3社連合のPowerPCへ、そしてPowerPCからIntelへと移行する歴史なども振り返ると、感慨深いものはあります。

関係者によると、「カラマタ」というコードネームで呼ばれる今回の取り組みを同イベントで発表することで、新型Macが2021年に発売される前に外部の開発者に対応する時間を与える方針だ。

「Kalamata」というコードネームで呼ばれているプロジェクトだそうです。ARMプロセッサーを搭載したMacが登場するのは2021年で、開発者が最適化する時間を取るための事前の発表である、と。

そういえば、最初にIntelが搭載されたMacってなんだったけとIntel Mac - Wikipediaで振り返ると、2006年リリースのMacBook ProとiMacでした。

2000年にパブリックベータがリリースされたMac OS Xも、当時から「Intelベースで動いているバージョンがある」ということはずっと言われてましたね。

2021年のMacから自社製プロセッサーになるとすると、最初に搭載モデルとなるのは‥‥MacBook Proでしょうか。それともMacBook Air? ここでまさかの12インチのMacBookが復活したら嬉しいなぁ!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

人を載せて走るノートPCのような電動四輪モビリティ「WALKCAR」2020年6月9日より発売開始

次へ

AUKEY、マグネット式&取り付けが簡単なスマホ車載ホルダー「HD-C5」Amazonで22%オフの699円