スポンサードリンク

「LINE 10.6.5」スマホでグループ通話の最大表示人数が6人&ウェブやYouTubeの画面シェアが可能に

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「LINE 10.6.5」スマホでグループ通話の最大表示人数が6人&ウェブやYouTubeの画面シェアが可能に

LINEが「LINE 10.6.5」にバージョンアップし、スマートフォンでのグループ通話の最大表示人数が6人に、ウェブやYouTubeで画面シェアする「みんなで見る」機能が追加されました。

スポンサードリンク

LINEに「みんなで見る」機能

「みんなで見る」は、グループ通話中にスマートフォンの画面をシェアしたり、YouTubeを一緒に見ることができる新機能です。

※YouTubeは2020年5月4日から対応。YouTubeはスマートフォン版LINEでのみ一緒に視聴可能。

「みんなで見る」の利用方法

みんなで通話をしている途中に、画面右下に表示される「みんなで見る」ボタンをタップし、「画面シェア」または「YouTube」を選択します。

「LINE 10.6.5」スマホでグループ通話の最大表示人数が6人&ウェブやYouTubeの画面シェアが可能に

「画面シェア」をタップすれば、スマートフォンで見ているアプリやウェブサイトをみんなで一緒に見ることができます。

詳細な使い方はグループ通話の「みんなで見る」機能を利用するも参考にしてください。

スマホのビデオ通話は最大6人に

「LINE 10.6.5」スマホでグループ通話の最大表示人数が6人&ウェブやYouTubeの画面シェアが可能に

ビデオ通話では画面に表示される人数を拡大し、スマホは最大6人、iPadは最大9人になりました(これまでは4人)。

音声通話中はGrid viewとList viewの2種類から表示方法を選べるようになっています。

Zoom、Whereby、Facebookメッセンジャー、Google Meetなど様々なビデオチャットサービスが使われていますが、LINEでも6人が参加することができれば、オンライン飲み会はしやすくなりそうです。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

DJI、Osmo PocketやOsmo Mobile 3などVlog関連製品が最大19,910円オフの「#おうちVlogキャンペーンセール」開催中(5/17まで)

次へ

【Kindle GWキャンペーン】「noteではじめる 新しいアウトプットの教室 楽しく続けるクリエイター生活」50%オフの880円に(5/10まで)