瓶ビールが2本あるのだけれど栓抜きがない時に栓を抜く技

Make: How to open a bottle of beer the Scandinavian wayということで、瓶ビールが2本あるのだけれど栓抜きがない時に栓を抜く方法を紹介している動画です。

Beer No Opener

学生時代は瓶ビールはあるのに栓抜きがないこともしばしばあって、歯で開けたり割り箸を使ったりしてあけてましたね。割り箸はてこの原理で比較的簡単に開きます。

今のして思うと、あの時代に発泡酒とか第三のビールがあったら、つまり安いビール風飲料があったら、大変な量の飲酒をしていたのではないかと、少し背筋が寒くなりました。

ちなみにこの動画は「Embedding disabled by request」ということで、埋め込みようのHTMLがありませんでした。YouTubeでそんなこともできるのですね。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数