【ダイソー】オシャレな300円ショップ「Standard Products」渋谷マークシティに1号店をオープン(3/26)

Standard products daiso1 001 202103

ダイソーが「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトとした新業態「Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツ バイ ダイソー)」の1号店を、2021年3月26日より渋谷マークシティにオープンすると発表しています。

300円ショップの「Standard Products」

「Standard Products」は、従来の100円ショップではなく、300円を中心とした価格帯で、良質で心地いい製品を長く使いたいというニーズの高まりに応える生活雑貨の新ブランドとなっています。

Standard products daiso 001 202103 Standard products daiso 002 202103

収納ボックスなどのリビング用品、食器などのテーブルウエア、トートバッグなどの服飾雑貨など約1,300品は、全て「Standard Products」のオリジナル商品となります。

カテゴリーを超えて質感を統一し、カラー展開も絞り込み、コーディネートのしやすさ、揃えやすさが特徴となっています。

Standard products daiso1 002 202103

価格帯は300円(税込330円)を中心に、500円(税込550円)、700円(税込770円)、1,000円(税込1,100円)です。

「Standard Products」商品例

Standard products daiso2 001 202103

食器。使いやすさを考えた尺貫法の設計。重なりも美しい、高台のない食器です。各300円(税込330円)。

Standard products daiso2 002 202103

カトラリー。新潟県燕市製のカトラリー。使いやすさを追求したベーシックな形状です。2本組300円(税込330円)。

無印良品と似ている?

Twitterでは「無印良品に似ている」というようなツイートもあったのですが、確かに雰囲気はよく似ていますね。

シンプルなデザインに分かりやすい価格帯で、確かに無印良品に似ているところもありますし、似たようなものなら「Standard Products」が選ばれるというケースも増えるのでしょうね。

家時間をより快適に過ごすために「Standard Products」で食器を揃えるという人も増えるかもしれません。実際に手にして、質感を確かめてみたいです。

アナウンスでは3月26日からとなっているのですが、既にオープンしているようです。