バージョンアップは何と言う?「和製英語」についてアメリカ人の義兄に聞いてみた

4621087630

えッ、バージョンアップも!?実は和製英語だと知らなかった言葉ランキングという記事を書いたところ、けっこう話題になりました。「え、それが和製英語だったの!?」という反応から「英語ではなんて言うんだろう」というものまで、様々なリアクションを頂きました。このまま終わらせてしまうのはもったいないので、ニューヨーク在住のアメリカ人に「和製英語」について聞いてみました!

ニューヨーク在住のアメリカ人とは義兄です。生まれも育ちもアメリカです。日本語はほとんど通じないので、義姉を通じてLINEで質問しています。

それでは、元の「実は和製英語だと知らなかった言葉ランキング」に併記する形で「和製英語」をネイティブなアメリカ人の義兄だったらどう表現するのか、というのを書きます。

順位 和製英語 英語
1位 オーダーメイド made to order
2位 リフォーム renovation
3位 スキンシップ affectionate physical contact
4位 バージョンアップ upgrade
5位 コストダウン reduced price
6位 コストパフォーマンス 辞書では cost benefit でしたが後述
7位 アフターサービス warranty
8位 ブックカバー book cover でも通じるが book jacket
9位 ガードマン security guard
10位 デッドボール hit by pitch

ちなみに、さすが「和製英語」と言いますか、単語を聞いただけだと義兄は一つも理解できなかったそうです。

英語を併記すると「なるほど〜」と思って頂けるはずですが、一方で「和製英語」も秀逸だな、と思ってしまったりしました。よく出来てますよね。

さて「コストパフォーマンス」ですが、実はこれを説明するのがなかなか難しかったのです。義兄としては「”コストパフォーマンス”という単語自体は英語ではない」という主張でした。そりゃそうですね、和製英語ですから。ネットで検索すると英訳として「cost benefit」と出てきたのですが、それも義兄にはうまく通じませんでした。

日本語だと「コストパフォーマンス」単体だと費用対効果ですが、通常は「コストパフォーマンスが良い」といった風に使います。そのような場合は good deal といった言い方になるということでした。

ビジネスシーンで使うのか、それとも日常的に「あの店はコスパが良い」といった風に使うのか、そういった利用シーンで good deal なのかなんなのか、言い方が変わってくるのかもしれません。「コストパフォーマンス」に関しては、うまく意思疎通ができなかったというか、説明する難しさを感じました。もしどなたか良い言い方をご存知でしたら教えて下さい。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数