スポンサードリンク

ANA、新たに中距離LCCを立ち上げ2022年度に就航へ

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

ANA、新たに中距離LCCを立ち上げ2022年度に就航へ

赤字5,000億円を発表したANAですが、守りを強める一方で、新たにLCCを立ち上げる攻めの姿勢も持っているようです。5000億損失「窮地」のANA HD 新国際中長距離LCCを立ち上げ! 事業構造改革の柱にという記事になっていました。

新型コロナウイルスの影響で、同社の連結業績予想は、経常利益でマイナス5000億円に。未曽有の事態に立たされているなか、さまざま事業構造改革を打ち出しています。

スポンサードリンク

2020年10月27日に行われた記者会見では、保有機を大きく減らしてコスト削減する構造改革のほか、新たにLCCを立ち上げることも発表されたそうです。

それが、東南アジア・オーストラリア路線を中心の中距離LCCで、2022年度に就航する見込みとのことです。

新型コロナウイルスもその頃には収束してレジャーも回復しているだろう‥‥という想定ですよね。今の状況だと、2022年はどうなっているかさっぱり予想もつきませんが、その時になってから動くのでは遅いですしね。

新LCCは、傘下の航空会社「エアージャパン」を母体とすることで、速やかな事業立ち上げが可能であり、急激な需要動向の変化への柔軟な対応力を保持します。

すでにANAで使用している機体を活用するとしています。

ANA傘下のLCCにはピーチもあり、国際線の中距離路線を計画しているようですが、ANA、787で中距離国際線LCC新設 アジア豪州方面、エアージャパン母体で22年度就航へによると「中距離LCCは2クラスで双通路の787、ピーチは1クラスで単通路のA321LR」という棲み分けを行うようです。

JALにおけるLCCのZIPAIRのようなポジションでしょうかね。ちなみにZIPAIRは「堅調な貨物需要と燃油価格が下落している」ため、貨物のみでも運航コストがまかなえているそうです。

LCC撤退のニュースも相次ぎましたが。

エアアジア・ジャパン、2度目の日本事業撤退へ

【LCC】「ジェットスター」国内6路線から事実上の撤退を発表

2022年には、LCCで旅がしやすくなっていると良いですね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

月のクレーターがしっかり見える雑誌付録「天体望遠鏡ウルトラムーン」

次へ

「Mac整備済製品」MacBook Pro・Mac Pro【2020年10月28日】