【バニラエア】「わくわくバニラ」とは?

Skyscanner 4440

「スカイスキャナー」の格安航空券・LCCの比較しやすさは異常(国内線)という記事を書いた際に、検索に出てこない、サイトで確認しないと分からない格安の運賃設定が「バニラエア」にあることを知りました。その名も「わくわくバニラ」です。例えば成田空港から新千歳空港まで4,990円の航空券が2,980円なんです。なんじゃこりゃー! 「わくわく」というよりは「どきどき」ダヨー!

スケジュールありきで航空券を探す時は「スカイスキャナー」のようなアプリが便利ですが、安い航空券ありきで旅をするような場合には(オジ旅とかそうです)、こうした「わくわくバニラ」のようなチケットをサイトで探す必要がありますね。それも楽しさの1つですが。

わくわくバニラ」とはどんな航空券なのでしょうか?

「わくわくバニラ」と通常の航空券との違いとは?

わくわくバニラ」のあまりの安さに何か裏があるのではないかと心配になり、通常の航空券とどういう違いがあるのか調べてみました。

Skyscanner 4435

ちなみに「わくわくバニラ」を利用すると、成田空港から新千歳空港までこんなに安いのです。強烈すぎます。しかも、往路は8時15分、復路も20時25分と、前泊しなくても成田空港には普通にたどり着けるような時間設定です。

「わくわくバニラ」に関しては運賃タイプ|サービス紹介で詳しく解説されていますす。ここではポイントになるところを説明します。

2017 01 16 1320

「バニラエア」が常時販売しているのは「コミコミバニラ」と「シンプルバニラ」で、不定期に販売されるのが「わくわくバニラ」となります。「わくわくバニラ」に出会えたらラッキーです。

上で紹介した成田空港から新千歳空港だと、2,980円、3,980円、4,980円と1,000円刻みで価格が設定されています。

荷物の預入が「コミコミバニラ」だと20kgまで無料で「シンプルバニラ」と「わくわくバニラ」は有料となります。さらなる違いは「便・日付の変更」です。「コミコミバニラ」が500円「シンプルバニラ」が4,000円なのに対して「わくわくバニラ」は不可となっています。さらに「シンプルバニラ」「わくわくバニラ」は払い戻しもできません。

とにかく安い航空券が良い、行けなくなったら諦めるという人ならば「わくわくバニラ」はお得です。というか、2,980円だったら諦めもつこうというものですね。

「バニラエア」座席の指定について

さらにLCCとして気になるポイントをチェックしていきます。

「コミコミバニラ」「シンプルバニラ」「わくわくバニラ」いずれも座席指定が可能です。

「コミコミバニラ」はリラックスシートが1,000〜1,300円、スタンダードシートが無料です。「シンプルバニラ」「わくわくバニラ」はリラックスシートが1,000〜1,300円、スタンダードシートが500〜600円です。