スポンサードリンク

【6%】サイダー感あるけど甘くないすっきりドライなサンガリア缶チューハイ「スタンダードドライ」はなんと1本100円【ローソン限定】

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

ローソン「スタンダードドライ」

ローソン限定のサンガリア缶チューハイ!? 12%アゲイン!?

と思いきや、アルコール度数は半分の6%の缶チューハイ「スタンダードドライ」が登場しました!

甘めのチューハイからレモンにブームが移り、昨今では甘くないことをうたう缶チューハイが増えているのですが、ドライ缶チューハイ好事家には心から嬉しいムーブメントです。

ということで2020年10月27日より発売された、ローソンの「スタンダードドライ」の実力を確認すべく呑んでみましたよ!

スポンサードリンク

ローソン「スタンダードドライ」呑んでみた

ローソンの「スタンダードドライ」は甘みがゼロなのはもちろんなのですが、他にもゼロがいくつもあります。


ローソン「スタンダードドライ」1

着色料ゼロ、糖類ゼロ、甘味料ゼロ、プリン体ゼロの、ゼロゼロな缶チューハイです。最近、少し健康も気になって、という人にもうってつけです。

ローソン「スタンダードドライ」2

原材料名をチェックすると、メインで使用されているのは国内製造のウォッカです。いわゆる焼酎ハイボールのチューハイではなく、アルコールを炭酸で割ったもの、くらいのイメージの缶チューハイです。

一般的に缶チューハイで焼酎を使っているものは限られるのですが、例えばウォッカが使われていると、意外にアルコールぽさが気になったりするものなんですよね。少し後味が残るというか。

せっかくのドライな缶チューハイなので、アルコールぼい妙な後味が残るとちょっと‥‥と思いながら口にしたら、全くそんなことありませんでした!

むしろ、サイダー感がある感じ? これは不思議なんですけど、子供の頃に飲んだサイダーから甘みだけカットしたような味わいなんですよ。

美味しい炭酸水くらいの感じで飲めてしまうのですが、ほんのりレモン感があります。原材料名を見ると酸味料に香料があるので、これがサイダーぽさを醸し出す要因かもしれません。

いずれにせよウォッカのアルコールぽさは味わいにはなく「なんだこれ、なんだこれ」と言いながら、水のように呑めてしまう爽快感となっています。不思議だ。

美味しいのもさることながら、さらに驚くのはその価格です。

350ml 100円
500ml 128円

ひゃ、ひゃ、ひゃくえーーーん!?(いずれも税込)

量販店みたいな価格付けになっているじゃないですか、コンビニなのに。この味で100円だったら、ついついローソンの前を通ったら吸い込まれて、そのまま酒類コーナーに足が向いてしまうではありませんか。

炭酸水のようにゴクゴク呑めて、お財布にも優しい缶チューハイ、それがローソンの「スタンダードドライ」だということが分かりました。炭酸水だから、いろいろな料理にも合うと思いますが、特に揚げ物とか味が濃い目のものにオススメですね!

レモンを足すとか、そういうベースとしても最適です。なるほどなぁ、コンビニ缶チューハイの新たなスタンダードを作りにきたってわけですね? 「スタンダードドライ」は!?

検索したら、ローソン研究所のお酒担当、深夜が大好きなしんやくんもアルコール6%で甘くない!「サンガリア 糖類ゼロ スタンダードドライ」新登場!|ローソン研究所という紹介記事を書いてたので、ぜひあわせてご覧ください!

ローソン「スタンダードドライ」カロリーと炭水化物


ローソン「スタンダードドライ」3

100mlあたりの「スタンダードドライ」のカロリーは35kcal、炭水化物は0.2gです。

Pontaカード(公式)

Pontaカード(公式)

LOYALTY MARKETING, INC.無料posted withアプリーチ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【ユニクロ】モコモコで暖かい「防風ボアフリースジャケット」はバイクに乗っても風を通さないので超優秀

次へ

【メルカリ】売れた商品を郵便ポストに投函するだけで発送できる「ゆうパケットポスト」開始