スポンサードリンク

【ローソン】700円以上の購入で引ける箱のスピードくじが「スマホくじ」になってた!

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

【ローソン】700円以上の購入で引ける箱のスピードくじが「スマホくじ」になってた!

コンビニで一定の金額を購入すると箱の中に手を突っ込んで引けるスピードくじがありますが、ローソンではスマートフォンを利用する「スマホくじ」に切り替わっていました!

新型コロナウイルスが猛威を振るう昨今ですから、不特定多数の人が手を入れる箱も衛生的ではありません。受け取ったレシートをスマートフォンで撮影してLINEで応募するのは良い仕組みですね!

スポンサードリンク

ローソン「スマホくじ」引いてみた

ローソンで買い物をしたら「スマホくじ」を引くことができたので、その流れをレポートします。

【ローソン】「スマホくじ」1

700円以上を購入すると、こんな風にレシートに「スマホくじ」が印刷されているはずです。「応募番号」とQRコードがあります。

【ローソン】「スマホくじ」2

QRコードを撮影すると「スマホくじ」の応募ページが開きます。

【ローソン】「スマホくじ」3

スクロールすると「キャンペーンに参加する」が出てきます。先ほどの「応募番号」を自分で入力するか、カメラを起動して撮影する方法が選べます。

【ローソン】「スマホくじ」4

「応募番号」をカメラで撮影して応募できるなんてすごいですね。

・縦向きで撮影すること
・応募番号16桁をアップで撮影すること

あまり難しいことは気にしなくて大丈夫そうです。あと、数字を自動認識するといったアクションはなく、普通に「応募番号」を中心写真を撮るだけです。

【ローソン】「スマホくじ」5

撮影すると「応募番号」が読み取られます。サーバーに送信して解析しているのだと思います。数秒かかります。

【ローソン】「スマホくじ」6

そのままLINEで認証します。

【ローソン】「スマホくじ」7

すると応募可能なシール枚数が2枚という画面になるではありませんか!(1,400円だから2枚だったみたい)

ユニバーサルスタジオジャパンコースもありますが、先着でもれなく貰える商品引換券をもらうことにしました。

【ローソン】「スマホくじ」8

シール2枚なので2回応募して、それぞれ「顔汗ひんやりシート」と「胡麻麦茶」が当たりました! なんだかとっっっっってもお得な気がする!

ローソンで700円以上の買い物をした人は、ぜひレシートをチェックするのをお忘れなく!!!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Apple、iPhone SEのプロモーション動画「新しいiPhone SE」公開

次へ

【Amazon Music Unlimited】新規登録ユーザー向けに「3か月無料キャンペーン」実施中(5/11まで)