スポンサードリンク

【Kyash】チャージしておくと利息が付く!年利1%の「​残高利息」を12月8日より提供開始

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Kyash「​残高利息」 202012

ウォレットアプリの「Kyash」がバンクアプリの機能も兼ねてしまう!?

チャージしておくと年利1%の利息が付く「​残高利息」を、2020年12月8日より提供開始すると発表しています。プレスリリースも「デジタルバンキングアプリ」になってますね。

スポンサードリンク

「残高利息」は、銀行口座、セブン銀行ATM、コンビニ、ペイジーから入金された残高に対して、年利1%の「Kyashバリュー」が毎月付与されるというものです。

例)100万円をチャージしておくと年間で利息1万円。その12等分なので月833円ほどの利息になります(ざっくり)。

条件は「毎月1回以上の決済をしていること」ですが、2020年12月はリリースを記念して、本人確認アカウントは全員が対象となるそうです。

付与される利息分の「Kyashバリュー」は現金引き出しができない残高ということですけど、普通にVISAプリペイドカード機能の残高としても、QUICPay+としても使えるので全く問題はないですね。

Kyash「​残高利息」 2020122

ちなみに、ゆうちょ銀行の通常貯金の金利は0.001%です。それが「Kaysh」なら1%ですからね。「Kyash」にチャージしておく=ちょっとした貯金感覚という人が出てきても不思議ではありませんね(ウォレット上限は100万円)。

「Kaysh」に何かあったら心配ですが「残高は100%外部に供託しており、Kyashに何かあっても全額が保証される」そうです。

なお「Kyash」から出金する際は手数料が220円かかりますが、VISAカードで使う分には必要ありません。

最近は「Kyash Card」を出すこともほとんどなく、iPhoneのApple Payに登録して「QUICPay+」でタッチ決済することがほとんどです。やはり慣れるとタッチ決済は便利ですね!

利息がつくならちょっと「Kyash」アプリをインストールしてみようかな、という人はぜひお試ししてみてください!

「Kyash」資金移動業の登録が完了し残高の出金が可能に

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

VRゲーム「ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP 〜本栖湖編/麓キャンプ場編〜」2021年冬にリリースと発表

次へ

なぜ!?だし汁を減らすことなくアクだけすくえる「あくとりさん」