スポンサードリンク

【Kyash】「Kyash Card」が本人認証サービス(3Dセキュア)に対応と発表

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Kyash 3d scure 202011 1

ウォレットアプリ「Kyash」と同期する「Kyash Card」が、本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しました。「Kyash Card」を発行しているユーザーは特別な設定をすることなく、本人認証サービス(3Dセキュア)による決済が可能となります。

スポンサードリンク

「Kyash Card」を利用していて3Dセキュアに対応していなくて悔しい思いをしたこともあるので、いよいよ本人認証サービス(3Dセキュア)対応は嬉しいですね。

Kyash 3d scure 202011 2

本人認証サービス(3Dセキュア)とは、オンラインショッピングの際に、カード情報(カード番号・有効期限など)に加え、取引の都度発行されるワンタイムパスワードによる2段階認証を行うことにより、カード情報の盗用による「なりすまし」などの不正使用を未然に防止するサービスです。

「Kyash」は、Visaが提供するイシュア向け3Dセキュアサービス「VCAS(Visa Consumer Authentication Service)」を採用しています。

「Kyash Card Lite」と「Kyash Card Virtual」は、3Dセキュアに未対応です。

「Kyash」資金移動業の登録が完了し残高の出金が可能に

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

「星のや」ペットボトル廃止のため開発された100%再生可能な素材で割れないサステナブルな「ウォータージャグ」Amazonで販売開始

次へ

LINEからドリンク・フード類が注文できる「浦和レッズ モバイルオーダー」を11月22日のガンバ大阪戦より試験運用開始