スポンサードリンク

【Kyash】2020年9月7日より銀行口座からの入出金に対応

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

【Kyash】2020年9月7日より銀行口座からの入出金に対応

資金移動業の登録が完了したことで、2020年9月7日より「Kyash」が銀行口座からの入出金に対応しました。

本人確認手続きを完了したユーザーは、銀行口座から「Kyash」へ入金、また「Kyash」の残高から出金(自己名義の銀行口座への払出し)が可能となっています。

スポンサードリンク

銀行口座を登録して「Kyash」へ直接入金

銀行口座を登録することにより「Kyash」へ手数料なしで直接入金することができるようになります。口座から即時に引き落とされ、リアルタイムに「Kyash」の残高に反映されます。

銀行登録フロー

3ステップでかんたんに登録できます。

【Kyash】2020年9月7日より銀行口座からの入出金に対応

銀行口座を登録すると、クレジットカードからの入金が今まであったところから消えます。どこにある探してしまったのですが、そのことをまとめてあります。

対応銀行

2020年9月7日時点で入金用の銀行口座として登録できる銀行です。順次追加予定です。

【Kyash】2020年9月7日より銀行口座からの入出金に対応

「Kyash」から銀行口座へ出金

銀行口座を登録すると「Kyash」から銀行口座への出金もできるようになります。

上記の対応銀行の口座を持っていない場合でも、別途出金先の銀行口座を登録することで「Kyash」残高を銀行口座へ出金できます。出金用の口座にはほとんど全ての金融機関を登録することができます。

銀行口座への出金には220円(税込)の手数料がかかります。

銀行口座の入金・出金ができるようになって

これまでクレジットカードを持たなかった人でも「Kyash」が利用できるようになりますし、出金ができるというのも進化だと思います。

ただ一方で、これまでできていたことができなくなることもあります。以下の表にまとめられています。

【Kyash】2020年9月7日より銀行口座からの入出金に対応

クレジットカードによるチャージ分は、個人間の送金に使えなくなります。

銀行口座からの入金は、1回あたり2,000円以上かつ1円単位となる点も注意してください。入金のための最低金額が設定されています。

クレジットカードでチャージして支払いをする、という点に関しては変わりはありませんが、送金に利用していた人には大きな変化かもしれません。

個人的には送金はメインの使い方ではなかったので、しばらく「Kyash」を使い続けると思います。そういえば最近は「Apple Pay(QUICPay+(Kyash))」ばかり使っているなという記事も書いていますが、今のところメインで利用しています。

「Kyash」資金移動業の登録が完了し残高の出金が可能に

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

送金の裏技?

最近「Revolut」というウォレットアプリが日本でもサービスが開始しています。「Kyash」のようなプリペイドタイプのVISAカードが発行可能です。

じゃあ「Kyash」でいいんじゃないの? と思うのですが、

クレジットカード → Kyash → Revolut

という流れで、送金ができるらしいのですね。ぼくも「Revolut」のアカウントは作ったのですが、まだ本格的に使っていないので未検証ですが。

いちおう、そんなサービスも始まっていますよ、ということで。

Revolut

Revolut

Revolut Ltd無料posted withアプリーチ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【鬼滅の刃】フジテレビ「土曜プレミアム」で2週連続「兄妹の絆」「那田蜘蛛山編」放送へ【10/10・17】

次へ

【松屋】「味噌漬けトンテキ丼」豚肉のカーペットや〜!特製味噌ダレの豚ロース2枚のせ!